ジョリパットとは  塗り替えにおける注意点

ジョリパットとは 塗り替え における注意点| 川崎市 中原区

 

ジョリパットとは  外壁塗装 における注意点

こんにちは。塗りかえ専門店 佐藤塗装店 佐藤です。

川崎市 中原区 の築15年が経過するお客様より、 外壁塗装 に関してのご相談を頂きました。2階建ての木造住宅、外壁面はジョリパットの仕上げが2種類施してあり、一つは「水仙」本来縦引き模様を横に引いた模様です。正面には、岩をイメージしているかのような、「サンドブラック」こちらには目地が施されていました。

ジョリパットとは、このようにして一つの塗材から骨材の配合等を変えて、コテらローラー、吹き付けなどで仕上げた壁面の事を言います。また、風合いがあるジョリパット壁面ですので、通常塗料のようにピカピカとした仕上げや、例え艶を調整した塗材で  塗り替え をしても仕上りの感じが変わってしまう点にご注意して頂きたい点です。

・ジョリパット「ファンタジーブリック仕上げ」

・ジョリパット 玉石スクラッチライン吹き付け仕上げ

 

今回、ご相談をいただきましたお客様宅もジョリパットの外壁仕上げが施してありました・・・。

 川崎市 中原区ジョリパット 外壁塗装 施工前 ジョリパットとは

 

 川崎市 中原区 ジョリパット 外壁塗装 施工前 ジョリパットとは

全体を拝見させていただき、汚れに関しましては、北側のコケ、藻の繁殖しやすい箇所の汚れが特に目立ちましたが、高台にあるお宅で風通しもとても良いことから、全体的にキレイな状態であったと現地調査時には記憶をしています。

ただ、一つご主人様が気にされていたのが「クラック」。特に北側に数多く点在していましたが、この「クラック」の存在をどう処理する??というのが今回の塗りかえのテーマであったのかなと職人ながらに感じた次第でございます。

 川崎市 中原区 ジョリパット 外壁塗装 施工前 ジョリパットとは

 

 川崎市 中原区 ジョリパット 外壁塗装 施工前 ジョリパットとは

そのクラックの存在は下から見上げただけでも、複数確認されましてこれらをどのように処理をしてどのような仕上げにするのか。いろいろと考え、ご提案をさせていただきました。

  • 風合いは現状のジョリパット仕上げを残したい
  • クラックが気になる

まず、ジョリパットの壁面塗りかえは大まかに分けて2種類の仕上げがございます。単純に、ピカピカにするか、風合いを維持したつや消しにするか。特に最近の塗材はいろんな機能をより合わせていますので、ピカピカにするメリット、デメリット。つや消しにするメリット、デメリット。

いろいろとあるという事です。

 

その中でも、今回は風合いは維持したいという事、クラックが数多く発生している事で、ジョリパット純正のアイカ社製「ジョリパットフレッシュクール」で外壁の 塗り替え を第一候補としました。

他メーカーの似た塗材で、つや消しでありながらジョリパットフレッシュのように細かい砂が入っている塗材はあるのですが、下塗りにある一定の規定がある事。今回は特にクラック防止の為に膜厚に付けられる「微弾性フィラー」を使用したいところですが、その微弾性フィラーの使用がNGである仕上げ塗材などあります。

クラックの事を考えると微弾性フィラーを下塗りに使用できる方が、ひび割れ防止の観点からは望ましいため、アイカ工業:ジョリパットの純正塗り替え塗材である、ジョリパットフレッシュクールタイプでの塗りかえとなりました。また、クラックが数多く発生している箇所はクラック廻りのコーキング、樹脂セメンの処理を行い、既存パターンで埋め戻す作業を下地処理としました。その他部位の塗りかえは以下の通りです。

工事の内容

・外壁 ジョリパット壁面の 外壁塗装 ジョリパットフレッシュクール
・屋根 瓦棒葺きガルバニウム鋼板の塗りかえ ガイナ 
・FRP防水 既存防水層の上からもう1層重ね防水(1PRY)

・その他 樋、エアコンカバー、土台などの塗装

 

 

 

1. 足場の施工

 

 

 川崎市 中原区 ジョリパット 外壁塗装 足場工事 ジョリパットとは

着工日に合わせ、工事の準備に取り掛かりました。色サンプルの取り寄せや、近隣様へのポスティングなど、後はスケジュール通りに進むよう、テルテル坊主様に毎日お願いするばかりです(笑) 

着手日は晴天にも恵まれ無事に足場工事が完了しております。ちなみに私たち佐藤塗装店では、住宅の塗り替え工事、マンション改修工事問わず基本の足場には、クサビ形の足場に黒いメッシュシートで足場施工させて頂いております。

 

 

2. 洗浄工事

 

 川崎市 中原区 ジョリパット 外壁塗装 洗浄工事 ジョリパットとは

高圧洗浄機を用いて、外壁面、屋根、また普段手の届かない箇所を念入りに洗浄しました。

川崎市中原区ジョリパット 外壁塗装 屋根ガイナ塗装前洗浄 ジョリパットとは  川崎市 中原区 ジョリパット 外壁塗装 屋根ガイナ塗装前洗浄

屋根は瓦棒葺きのガルバニウム鋼板屋根です。錆に強いと言われる近年できた素材でありますが、まさに錆などは一切なく、健全な状態を保っていました。また、釘抜けなどの点検も行いましたが、15年経ったこの家を守る屋根材、釘共に異常なしの状態です。

 川崎市 中原区 ジョリパット 外壁塗装 屋根ガイナ塗装前洗浄 ジョリパットとは

続いて壁面の洗浄に着手しております。壁面の汚れはある一定の決まりがあり、北側壁面にコケ、藻の汚れが付きやすいとされています。北側というのは南側と違い、お日様の当たらない面であります。その為に雨などで濡れた壁面が乾きにくく、藻などの繁殖が起こりやすいのはどんな建物でも同じ事でございます。

 川崎市 中原区 ジョリパット外壁 塗装 屋根ガイナ塗装前洗浄 ジョリパットとは

フェンス、塀の汚れも洗い流して洗浄工事の終了となります。きれいになったかな・・・?

 

 

3. ジョリパット外壁 壁面の塗りかえ

 

洗浄工事後、改めて壁面にどのようなクラックが点在しているか確認をしてみました。クラックゲージを当ててみるとそこそこ大きなクラックがありました。

 川崎市 中原区 ジョリパット 外壁塗装 クラックの状態 ジョリパットとは  川崎市 中原区 ジョリパット 外壁塗装 クラックの状態

大きなところで0.55~0.35あたり。その他多いのが0.25~0.35くらいのひび割れです。よくお客様に聞かれる質問で「クラックから雨漏りはおこりますか?」という疑問点なのですが、最近のデザイン性の高い建物程、軒先が出ていません。(天井、霧除けなど雨を遮る部位)吹付ける雨などで壁面を滴り落ちればクラック内に侵入するのは常識的に考えられるところで、実際には壁面の下には防水シートが敷かれていますので、今すぐ雨漏りではありませんが、いつしかクラック内に入り込んだ雨水が内部の躯体を腐食させたりする事は考えられます。ですから、キッチリとした処理を施すことがとっても重要なのです。今回はクラック廻りをコーキングして、模様を埋め戻す処置をしてから塗りかえを行いました。

 川崎市 中原区 ジョリパット 外壁塗装 クラック補修材 ジョリパットとは

↑ 模様を付けるジョリパット主剤

 川崎市 中原区 ジョリパット外壁塗装 クラック補修施工中

クラック処理後、専用ローラーで模様を付けていきます。この前後の写真がブレブレでして・・・。北風ピューピューしていて手が震えてしまいました(苦笑)←12月の北風の強い寒い日でした

 川崎市 中原区 ジョリパット 外壁塗装 クラックの肌合わせ ジョリパットとは

既存と直した箇所が分からなくなるように模様を付けました。この事を「肌合わせ」と言います。壁面の肌合わせを施し、いよいよ塗りかえ作業の開始となります。この壁面には、やや肉付きをよくするため微弾性フィラーを下塗りに使用をします。もちろん北面に壁面が数多く点在している事もあり、クラック予備軍の防止にも一役買ってくれる下塗り材です。

 川崎市 中原区 ジョリパット 外壁塗装 微弾性フィラー塗装 ジョリパットとは  川崎市 中原区 ジョリパット 外壁塗装 微弾性フィラー塗装

先ほどのクラックを処理した箇所はこのような納まりになっています。

 川崎市 中原区 ジョリパット外壁塗装 微弾性フィラー塗装 ジョリパットとは  川崎市 中原区 ジョリパット 外壁塗装 微弾性フィラー塗装 ジョリパットとは

上から微弾性フィラーを塗り、下塗りの完了です。

この時点で直した箇所がどこであったか??分からない状態となりました中塗り 上塗りはジョリパットフレッシュクールを塗ります。

 川崎市 中原区 ジョリパット 外壁塗装 微弾性フィラー塗装 ジョリパットとは  川崎市 中原区 ジョリパット 外壁塗装 ジョリパットフレッシュ塗装 ジョリパットとは  川崎市 中原区 ジョリパット 外壁塗装 ジョリパットフレッシュ塗装 ジョリパットとは  川崎市 中原区 ジョリパット 外壁塗装 ジョリパットフレッシュ塗装 ジョリパットとは

この塗料の特徴は通常の塗料にはない、細かい砂が混ぜ込んであります。砂が配合されていることもあり、「風合いを保つ」塗りかえができるのだと思います。クラックを意識して、若干肉厚に塗りこみましたが、模様の風合いもそのままに、バランスを考えて塗らせていただきました。

一方、正面のサンドブリックの目地がある壁面ですが、こちらじは南側壁面でクラックはない事と、微弾性フィラーを塗布してしまうと塗り上げた時に模様が薄くなってしまう恐れもあったので、薄膜に付ける下塗り材「セーフシーラー」を使用しています。まずは目地を描くところから・・・。

プライマーを塗って、黒のつや消しで目地を描きました。この部分は残しますので、養生をします。幅が狭く適正な養生テープがなかったので、サイディング目地底に張るボンドブレーカーを使用しました。

 川崎市 中原区 ジョリパット 外壁塗装 ジョリパットフレッシュ塗装

目地養生をしたら、透明のシーラーを塗布していきます。

 川崎市 中原区 ジョリパット 外壁塗装 ジョリパットフレッシュ塗装  川崎市 中原区 ジョリパット外壁塗装 ジョリパットフレッシュ塗装  川崎市 中原区 ジョリパット外壁塗装 ジョリパットフレッシュ塗装

仕上げの色はジョリパットフレッシュクールに対応していない為、通常のジョリパットフレッシュで塗りかえを行います。既存と同様な色合いです。

川崎市中原区ジョリパット外壁塗装 ジョリパットフレッシュ塗装

 

全行程を終えて、壁面はこのように仕上がりました。

川崎市中原区ジョリパット外壁塗装 ジョリパットフレッシュ塗装 ジョリパットとは 川崎市中原区ジョリパット外壁塗装 ジョリパットフレッシュ塗装 ジョリパットとは 川崎市中原区ジョリパット外壁塗装 ジョリパットフレッシュ塗装 ジョリパットとは 川崎市中原区ジョリパット外壁塗装 ジョリパットフレッシュ塗装 ジョリパットとは

風合いを残しつつ現状の色合いも変えず、クラックもしっかり処理をする塗りかえ工事となりました。15年目のお化粧直しを終えてスッキリとした印象になった気がいたします。

川崎市中原区ジョリパット外壁塗装 ジョリパットフレッシュ塗装 ジョリパットとは

付帯物などもキレイになりました!基礎部分も塗りましたよ~!

 

 

4. 屋根の塗装 断熱塗料ガイナで塗装

 

川崎市中原区ジョリパット外壁塗装 屋根ガイナ塗装 ジョリパットとは

 

川崎市中原区ジョリパット外壁塗装 屋根ガイナ塗装

屋根の塗装は、先にも延べましたが「瓦棒葺きガルバニウム鋼板」の屋根です。比較的ガルバニウム鋼板という素材は新しく、特に錆に強いとされている素材です。今回はこの屋根材に断熱塗料の「ガイナ」で施工させていただきました。よく夏に暑さ対策として塗る塗料として有名なのが、遮熱塗料と断熱塗料なのですが、特に効果が高いとされているのが、今回のガイナであります。どんな塗料かと言いますと、カタログより抜粋いたします。

以下、ガイナの特徴をカタログより一部抜粋いたします。

上記のようなたくさんに機能性を持った塗料です。外壁の塗装であれば今回のような住宅やマンション、モルタル下地の塗りかえ、もとよりつや消し仕上げであるリシン下地やジョリパット外壁との相性も良さそうです。

また、消臭効果、結露防止にも一役買ってくれそうですので、外壁、内装の塗装でプラス付加価値が欲しい方には、ぜひお勧めしたいと思います。お気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。現場で働く職人だから知ってることたくさんありますので。

 

⇒ ガイナ(GAINA)で塗り替え:世田谷区のマンション塗装

⇒ ガイナ 外壁と屋根の断熱塗装:世田谷区住宅塗装

 

川崎市中原区ジョリパット外壁塗装 屋根ガイナ塗装

 

川崎市中原区ジョリパット外壁塗装 屋根ガイナ塗装

付着をよくする為に、研磨を行ってから専用の錆止め塗料を塗りました。

川崎市中原区ジョリパット外壁塗装 屋根ガイナ塗装 川崎市中原区ジョリパット外壁塗装 屋根ガイナ塗装

中塗りと上塗りを施しで、屋根の完成です!

川崎市中原区ジョリパット外壁塗装 屋根ガイナ塗装

仕上がりは、落ち着いたつや消しの仕上がりです。表層に断熱に関係のありそうな細かい粒子が出てくるのが特徴。暑さ対策、結露対策、雨の音も若干和らげてくれそうな仕上がりになりました!

 

 

5. ベランダ 陸屋根のFRP防水工事

 

ベランダ、陸屋根にはFRP防水が施してありました。施工方法は、トップの塗りかえ、上からさらなる防水層を被せる方法などございます。今回は、上からもう1層FRP防水を被せて、防水面の強化をする施工をお選びいただき施工にあたりました。

⇒ FRP防水耐用年数の延ばし方

川崎市中原区ジョリパット外壁塗装 ベランダFRP防水施工

FRP防水面は特殊なワックスのような仕上げ材が施してあり、これらを研磨してから工事は始まります。

川崎市中原区ジョリパット外壁塗装 ベランダFRP防水施工

電動工具ディスクサンダーで表層を研磨し、清掃後プライマーを塗布します。

川崎市中原区ジョリパット外壁塗装 ベランダFRP防水施工

乾燥をさせた後、樹脂ガラスマットを敷き詰めていく工程です。

川崎市中原区ジョリパット外壁塗装 ベランダFRP防水施工 川崎市中原区ジョリパット外壁塗装 ベランダFRP防水施工 川崎市中原区ジョリパット外壁塗装 ベランダFRP防水施工

樹脂ガラスマットを敷き詰め中塗り材を塗布。その後、脱気ローラーを使用して中に入り込んだ空気を抜いて乾燥させます。

川崎市中原区ジョリパット外壁塗装 ベランダFRP防水施工

グレーの上塗り保護材を塗布して、FRP防水工事の完成です!

 

この工事の特徴は、何といっても下地を強化できる事です。もともとがFRP防水という堅い膜で保護をする防水なのですが(船底などに使用される素材です)重いものを置いたり、日当たりの良い箇所などでは劣化の進行も早いものと言われています。トップコートに薄い塗膜でも十分な箇所もありますが、使用頻度なども考え、工事の選択幅を持つ事も重要かと思われます。

 

6. 工事を終えて

 

15年目のお化粧直しとなった、川崎市中原区のN様のお宅である今回の工事。クラックと風合いを保つ事にスポットを当てつつ、仕上げに用いる塗材を断熱遮熱性に優れた塗料をお選びいただいております。私たちはこの建物にとって、最善の施工にあたりました。それはこの先15年後次のメンテナンス時まで、できる限り塗りかえを行ったままであってほしいと願うのと、クラックが発生しやすい壁面をどのように長持ちをさせるのかを考え、施工させていただきました。

5年後、10年後なんてあっという間です。お庭にあった小さなお嬢さんの自転車が、次の10年後、15年後には大きな自転車に変わっているのかな・・・。私も子育てをするお父さんですから、ふと、そんなことを考えながら作業にあたりました・・・。工事終了後にはご主人さまに、お礼私の大好物の麦ジュース(ビール)まで頂いてしまい、いろいろとお気遣いまで頂きありがとうございました。この場をお借りしてN様とのご縁に感謝御礼申し上げます。

 

7. ジョリパットとは まとめ

 

ジョリパットとは、このようにして一つの塗材から骨材の配合等を変えて、コテらローラー、吹き付けなどで仕上げた壁面の事を言います。また、風合いがあるジョリパット壁面ですので、通常塗料のようにピカピカとした仕上げや、例え艶を調整した塗材で  塗り替え をしても仕上りの感じが変わってしまう点にご注意して頂きたい点です。

【外壁塗装でもアクセントとしてのジョリパット模様】

・ジョリパット「ファンタジーブリック仕上げ」

・ジョリパット 玉石スクラッチライン吹き付け仕上げ

 

【外壁塗装 ジョリパットフレッシュの塗り替え】

・洋瓦の塗り替えと外壁ジョリパットフレッシュ塗装

・くしびき模様のジョリパット外壁の塗り替え

・コテ模様のジョリパット外壁の塗り替え

・洋瓦が似合うジョリパット外壁の塗り替え

 

私たち佐藤塗装店は、ジョリパットフレッシュを用いた外壁塗装、ジョリパットのコテ塗り、ローラー施工、吹き付け仕上げなど専門塗装の実績を多数ございます!!

ジョリパット、ジョリパットの塗り替えでお困りでしたらお気軽にご相談ください!!

川崎市、横浜市、東京都の「塗りかえ専門店」佐藤塗装店の外壁塗装、ジョリパット塗り替え、サイディングの塗装、屋根塗装、室内塗装、防水工事の施工 職人にしか出来ない「技」をお客様の「喜び」に変えるのは、現場で汗する私たちにしかできない事です!!建物を綺麗にした喜び、お客様の笑顔、その全てが私たち職人としての使命だと思います!!

東京都川崎市横浜市の塗りかえ専門店 外壁塗装防水工事

【東京23区、川崎市、横浜市の「塗りかえ専門店」】

佐藤塗装店では私たちができる「塗装」を考え、お客様に最高のサービスでお応えできるように、スタッフ一同頑張っております!外壁塗装、内装塗装、屋根塗装、防水工事のことなら株式会社佐藤塗装店へご相談ください。

お問い合わせはこちらからどうぞ

川崎市、横浜市、東京都の「塗りかえ専門店」佐藤塗装店の外壁塗装、ジョリパット塗り替え、サイディングの塗装、屋根塗装、室内塗装、防水工事の施工 東京都、川崎市、横浜市の塗り替え専門店 外壁塗装の佐藤塗装店