ジョリパット 仕上げ  外壁吹き付け塗装

ジョリパット仕上げ  外壁吹き付け塗装:川崎市麻生区

そろそろ ジョリパット 外壁 の塗りかえを検討しているので、一度見ていただけませんか??このような外壁塗装のご相談を頂き、早速川崎市麻生区のお問い合わせ先のお客様宅に伺いました。ご主人様にお話しを伺うと、築13年が経っており、以前に飛び込み営業などでお見積りは取ったことがあるそうです。今回伺ったお宅の外壁面は、触るといかにも流血しそうなザラザラとしたリシン仕上げが施してあります。いろいろとお話をする中で、ある一つのキーワードが挙がりました。

「ピカピカの仕上がりは嫌だ~!!」ちょっと大げさに記しましたが、ピッカピカ!!になって塗り替えをしましたよ~!!とわかるような艶が出てしまう仕上げはNGで、今現在のような艶が自然に消えている仕上がりがご希望とのことでした。

麻生区外壁塗装 ジョリパット壁面塗装工事前

いくつか考えられる案をご提示させていただきました。現在主流であるシリコン樹脂やフッ素樹脂系の艶消し仕上げや、細かい粒子が配合されているジョリパットフレッシュやSK化研 アートフレッシュ。また、機能性を多く兼ねそろえているガイナ(GAINA)まで。いろんなパターンで、つや消し仕上げのご提案をさせていただきました。

そんな中、「こういう仕上げって出来ますか??」愛犬家であるお客様が、ワンちゃんとご近所をお散歩中に外壁面で見かけたその仕上げ。意匠性のあるジョリパット吹き付け仕上げ(玉石スクラッチライン)のものでした。既存のリシン壁面との兼ね合いもありましたので、メーカーに問い合わせた後、施工は問題ないとのことで、吹き付け仕上げの玉石スクラッチラインにてご検討いただくことになります。

その結果、玄関正面を一面をマテリアル系仕上げである、吹き付けの仕上げ(玉石スクラッチライン)にて、残り3面をジョリパットフレッシュでの塗りかえとなりました。

 

【外壁塗装 艶消し仕上げの施工例です】

・ジョリパットフレッシュクールで外壁の塗装

・ジョリパット外壁の塗装 ジョリパット模様の塗りかえを考える

・マンションの外壁 GAINA(ガイナ)で塗りかえ

 

 

外壁塗装ジョリパット (玉石スクラッチライン)  吹き付けで仕上げました!!

 

工事の内容

・外壁塗装工事
ジョリパットマテリアル系 玉石スクラッチライン仕上げ(正面)
ジョリパット フレッシュ(3面)

・軒天、破風板、樋その他塗装
ファインSi(シリコン樹脂)

 

1. 既存状態の確認

既存壁面はクラックが数か所点在しており、藻の繁殖も一部見られる状態でした。特に今まで雨漏りなどのトラブルもなく過ごしてきたそうですので、取り立てて外壁面の問題はございません。さて、どんな塗りかえになるのかな~~??

麻生区住宅 外壁塗装前汚れ 屋根、破風板コーキング劣化

↑ 破風板の色褪せも進み、継ぎ目のコーキング材もテロテロになってお疲れのようでした

既存の状態をまとめますと、壁面のクラックは数か所発生しています。チョーキング(手で触ると粉状なものが付着する状態)は、壁面では南面と西面の一部で発生、破風板も全体的にチョーキングの状態で、コーキング剥がれも生じています。

カマキリの家(巣)は上層部に2か所。(笑)もちろん撤去済みでございます。このようにして見ると、塗り替えのサインは各所でみられました。さて、本格的に塗装工事が始まりますよ~。

2. 高圧洗浄

塗装工事の下準備にあたります、高圧洗浄を行ないました。13年分の汚れを壁面から洗い流し、と同時に壁面の付着状態を水圧をかけて確認します。下地が劣化をしているようですと、この段階で剥がれが生じます。逆に健全な壁面であれば、汚れだけが落ちてこのままの状態である事です。今回の工事では下地もしっかりとしていて、塗り替えの状態としては万全の壁面です。また、普段お手入れのできない窓廻り、網戸なども念入りに洗浄させていただきました!

高圧洗浄作業

↑ 窓廻り、網戸など お手入れできないような箇所も洗浄します

 

3. 養生(ようじょう)

建物の汚れてはいけない箇所をビニールで覆います。床面は厚めのブルーロールシートを敷き、工事中につまずかないようキレイに養生しました。また、今回の塗りかえは吹き付けを予定していますので、塗材が飛び散らないように覆いました。余談ですが、「養生なくして塗装なし」そのくらいこの養生は大事な事なのです。昔はさぁ~新聞紙で覆ったもんよ!というのは親方クラスの昔話であるというのは、塗装業界では有名な話です。(笑)

塗装前 養生

↓ 窓廻り、ドア等 すべてを養生しました塗装前 養生

私たちは、現場で働く職人でありますので、状況をよく考えて養生をさせて頂いております。例えば、

  • 日中は洗濯物が干せるように。とか
  • この窓は開け締めしたいので。とか
  • ここからの朝の景色は見たいから。とか
  • 夜景を見ながらワイン飲みたいんだけど。とか

窓を塞いでほしくないケースなど、臨機応変にその日に養生をして剥がして帰るなど。お客様の生活スタイルに合わせた工事を行っております。その中には、窓を塞ぎっぱなしになってしまう、閉所感、換気をできるようにする安全面など。いろいろとご相談させていただきながら、快適な塗装リフォームを心がけております。

一部を除いた窓、ドア、床面などを養生し終えいよいよ塗装のスタートとなります!

 

4. ジョリパット フレッシュの塗装

正面を除く3面をジョリパットフレッシュで塗りかえをしました。今回は、ややひび割れも目立っていた事から微弾性フィラーを下塗りに採用しています。この工程の前には作業工程の都合により、天井廻り、破風板廻りの茶色い部分の仕上げを終えています。

 

ジョリパット 仕上げイメージ

仕上りイメージを既存壁面横に並べてみました。アイカ工業の塗り板センターにて仕上がりの見本を取り寄せしたものです。既存は色褪せていますが、若干クリーム色でも「黄色」が多めに入っている色合いです。つや消しであり、しっとりとした仕上がりの壁面になりそうです。

 

↓ 微弾性フィラー塗布ジョリパットフレッシュ 下塗り

塗装の工程は、下塗り:微弾性フィラー⇒⇒中塗り:ジョリパットF⇒⇒上塗り:ジョリパットF

 

中塗り、上塗りにはジョリパットフレッシュ(JQ-800)を使用します。色番号はT2701を使用しています。

ジョリパットシリーズで良いところと言えば、豊富なカラーサンプルから選べるところです。あんな色やこんな色など・・・。まぁ、たいていの場合、色が多すぎて迷い込んでしまうというのは、ここだけの内緒にしておきましょう!

↓ ジョリパットフレッシュ 中塗りジョリパットフレッシュ 中塗り

↓ 続いて上塗りジョリパットフレッシュ 上塗り

中塗り、上塗り共にローラーでの施工でしたが、膜厚に気を付けながら施工しました。

既存と比べてみると、巣穴などが全部ふさがり塗膜が厚めについた印象です。このように比べてみると、既存の色よりも明るく元気な色に見えます。サッシ色にも、とっても似合う色でしたよ~

ジョリパットフレッシュ 塗装 ジョリパットフレッシュ 仕上げ ジョリパットフレッシュ 塗装後

塗装を終え養生を剥がすとこのような感じになりました。正面を除く3面のお化粧直しが完了です!お日様に照らされても艶が自然に消えている落ち着いた仕上げとなっておりまして、塗り替えを終えると色あせていた壁面がとっても元気に見えました!その他部位である軒天、破風板は壁面を仕上げる前に塗装済みとなっております。

 

5. ジョリパット 吹き付け(玉石スクラッチライン)

今回の外壁塗り替え工事では、正面だけを吹き付けの模様(玉石スクラッチライン)にします。正面一面だけの施工でも、アクセントとしてはとても有効的なのです。吹き付けする準備下塗りと下吹きをよく乾かし、模様を付ける作業段取りへと移ります。

ジョリパット 吹き付け

施工要領書通りに万能ガン(タイル吹き10φ)を装着して、順序よく吹き付けをしていきます。この手順で大変なのが乾く前に模様を付けなくてはなりませんので、手際よく作業に取り掛かりました!

ジョリパット 玉石スクラッチライン施工

特殊なローラーを使用します。吹き付けをした壁面仕上げ材に、転写液を霧吹きで吹き付け、横引きにコロコロ。入り隅は専用シートで模様を付けました。

↓ するとこんな模様が出来上がります。ジョリパット 玉石スクラッチライン施工

ジョリパット 玉石スクラッチライン施工

吹き付けをしていて思ったのは、黒い玉石のアクセントがとっても良かった事です。普段吹き付けであっても単色の仕上げが多い我々のお仕事ですので、黒い玉石はとっても効果的で良かった!!と思います。

ジョリパット 玉石スクラッチライン施工

塗材はすべて現場での配合となり、ジョリパットの主塗材、寒水石1厘、3厘、玉石をレシピ通り混ぜ合わせ、万遍なく吹き付けをしました。玉石(黒っぽい石)が混じっていますので、見た目にも意匠性ある美しい仕上がりとなっております。また、仕上げ自体も弾力性のある塗材で厚めの吹き付けしあげですので、細かいひび割れ防止などにも効果があることでしょう。

 

6. 工事を終えて

3面をジョリパットフレッシュ、玄関正面側をジョリパット吹き付け(玉石スクラッチライン)で施工させていただきました!元々のつや消しリシンの塗りかえでしたが、ご希望の通りピカピカではなく、品のあるつや消しでの仕上がりになったのではないかと思います。改めてジョリパットの外壁は質感があるな~と感じた次第です。

ジョリパット 玉石スクラッチライン塗装後 ジョリパット 玉石スクラッチライン塗装後 ジョリパットフレッシュ 塗装後

7. 「ご縁」

私たちは常々、お客様との「ご縁」なくしてお仕事なしと考えております。”インターネットの検索”でたまたま佐藤塗装店をヒットした「ご縁」。調べものをしていたらたまたま”塗装を考えるブログ”にありついた「ご縁」。近所を散歩中にたまたま見かけた”工事中ネットの看板シート”を見かけた「ご縁」。コンビニでペンキのついた作業服姿の私を見てお声をかけて頂いた「ご縁」。お客様からお客様をご紹介された「ご縁」。こう考えると人をとりまく「ご縁」って限りない事に気が付きます。

私が今回お客様(I様)にお問い合わせいただいた「ご縁」は、地元サッカーチームの「川崎フロンターレ」でSNSのツイッターでつながれていた「ご縁」だと思っております。実は私、10年ほど前から川崎フロンターレを応援しているサポーターでもあるのですが、I様は私がサポーターになるもっと前からの、言うなれば「超(スーパー)サポーター」さんだったのです。今年は工事中の期間に、この川崎フロンターレが祈願のJ1初優勝をすることにもなり、忘れられない改修工事になったのは言う間でもありません。メールのやりとりをするなかでも、打合せ中でも、工事中にお会いする時でも、一言二言川崎フロンターレの試合ネタや選手ネタを盛り込んでくるなど、いや~とっても楽しかったな~。

この度は私たち佐藤塗装店へ工事のご依頼を頂き誠にありがとうございました! I様との「ご縁」に深く感謝申し上げます!

川崎フロンターレ 中村憲吾

最後になりますが、中村憲剛選手がゴール時のパフォーマンスで〆たいと思います。「ジャ~~スティ~~~ス!!!!!」(お笑い芸人:サンシャイン池崎さんのアレです)

【東京23区、川崎市、横浜市の「塗りかえ専門店」】

佐藤塗装店では私たちができる「塗装」を考え、お客様に最高のサービスでお応えできるように、スタッフ一同頑張っております!外壁塗装、内装塗装、屋根塗装、防水工事のことなら株式会社佐藤塗装店へご相談ください。

お問い合わせはこちらからどうぞ