ジョリパット外壁 塗装 コテ模様の塗り替え:狛江市

ジョリパット外壁 塗装 コテ仕上げ模様の塗り替え:狛江市

ご自宅の ジョリパット外壁  塗装をお考えになられている東京都狛江市のお客様より、塗り替えのご相談を頂きました。築年数は10年ほどでモルタルの外壁で仕上げにはジョリパットのコテ模様「連波(れんなみ)」でとてもキレイに仕上げられていました。最初に伺って外壁を拝見させていただいた感想は「まだキレイだな~~」「塗るのもったいないくらいだな~~」などと、ちょっと呑気なイメージで外壁を眺めていたのですが、ご主人様とお話しを進めていく上でいろんな問題が浮き彫りになってきました。

ジョリパット外壁 塗装前

その問題とは、モルタル壁面故の「クラック(ひび割れ)」が生じていること。多少なら気にもなりませんが、その数は大小含めて無数にあります・・・。

外壁のクラック状況

小さいクラックから大きなクラックは、雨漏りが発生してもおかしくないレベルに達しているものもございました。外壁のクラック状況

特にクラックの多い箇所は南面、西面で多く見られ中には上記の画像のようにパックリと口を開いているひび割れも発見しました。ご主人様といろいろお話をさせて頂いた上で、工事の方向性を見出します。

  • 「クラックは何とかしたい」 ←要クラック対策
  • 「今の外壁風合いはそのままで」 ←ピカピカな仕上げはNG
  • 「模様も変えたくはない」

今の状況も踏まえたうえで、「クラック対策ができ、ピカピカな仕上げではなく、模様も変わらない仕上げ」としてできる塗り替え案を数種類のご提案をさせていただきました。

・全面をモルタル塗りをして、壁面の厚みを持たせたうえで、新たな模様をジョリパットで施工する案
・部分的な補修に留め、改修塗材ジョリパットフレッシュで施工する案
・通常のシリコン樹脂による塗り替え(つや消し)

大まかに3通りのご提案となります。(上に記述してあるほど費用が高くなります)

クラックの事を考えると、一度モルタルで全体に厚みを付けて新たに模様を付け直す施工案が良いのですが、費用面で非常に高い工事となってしまいます。また、一番下の通常の外壁塗装塗りかえに用いられるシリコン樹脂等での(つや消し)塗りかえはツルツルピカピカになって風合いを損ねてしまう恐れがある為、却下となりました。残る真ん中の施工方法クラックを部分的な補修に留め、その上からジョリパット改修仕様のジョリパットフレッシュで仕上げを行う事となります。

・リシン外壁をジョリパットフレッシュクールで仕上げた施工例

 

ジョリパット外壁 塗装 コテ仕上げ模様の塗り替え

工事の内容

・ジョリパット外壁の塗装
<壁面の補修 + ジョリパットフレッシュ

・破風板 軒天 霧除け その他
・バルコニー防水工事
・コロニアル屋根塗装 ファイン4Fベスト(フッ素樹脂)

 

1. 現状の確認

現状は冒頭にも述べましたが、クラックが無数に生じています。小さいものから大きいものまで・・・今回の工事のメインになるであろう「クラックの補修」の重きをおいて工事がスタートします。

↓西側の壁面ではクラック、壁面と軒天の取り合い部がだいぶ隙間が空いていました外壁のクラック状況

↓ 大き目のクラックもありました外壁のクラック状況

ジョリパット外壁 色褪せ確認

新築時と同じ色のサンプルを横に並べてみると、10年分の色あせは確認できました。遠目で見るとまだキレイに感じた外壁もこうしてみると、クラックであり、色あせであり「塗りかえのサイン」は各所にございました。

10年目のお色直し兼、クラックの処理工事は、今回「そのクラック直し隊」として出動するのでした!手ごわいクラックですが頑張りますよ~!!

 

2. 洗浄工事

高圧洗浄は現在クラックの発生している状況も踏まえ、慎重に作業しました。加えてコロニアル屋根、ベランダ、軒天、シャッター廻りなど10年分の汚れを落としました。10年とはいえ、立派なコケ、藻などが繁殖するレベルにあります。この建物にとってそれらの時間を、暮らしから守ってきた事を感じながら作業にあたりました。

この工程を経て塗装を行える状態となります。洗浄後はよく乾燥をさせて次の工程に移りました。

コロニアル屋根 高圧洗浄中 ジョリパット外壁 洗浄中

3. クラックの処理

クラックの処理には、既存壁面仕上げと同じ「ジョリパット」を用いて、同じような模様を描きました。こうすることで、クラックの発生を抑制する効果と、クラックの傷跡をなるべく出ないようにするちょっと難しい工事です。その他、ひび割れなどなコーキング材で、目立たなくする下地処理をいたしました。

ジョリパット外壁 クラック処理 ジョリパット外壁 クラック処理 ジョリパット外壁 クラック処理 ジョリパット外壁 クラック処理 ジョリパット外壁 クラック処理

ここまででクラックの処理は終了となります。よく乾燥をさせた後、次の工程へと移ります。

 

4. ジョリパットフレッシュの塗装(下塗り)

ジョリパットフレッシュには2通りの塗り方がありまして、一つは下塗りに「シーラー」なる薄膜の下塗りをする方法(クラックがない場合推奨)と、微弾性フィラーを下塗りに用いてクラックなどの肌具合をよくする薄塗りよりも若干の塗膜が厚く付く方法(クラックがある場合推奨)がございます。

今回のケースでは、部分補修を行ったのでクラック自体は処理しているのですが、壁面全体の補強を兼ねて微弾性フィラーを使用しました。ただし、あまりゴッテリ塗りつけてしまうと既存模様が薄れたり、消えてしまう恐れがあったので、そのあたりは現場でうまく塗ることに徹した次第です。

ジョリパットフレッシュ 下塗り ジョリパットフレッシュ 下塗り ジョリパットフレッシュ 下塗り

微弾性フィラーの役割:壁面の肌具合を整える役割と、弾性塗材であるので小さなクラック、ひび割れなどに追随しやや塗膜の厚い仕上りになるのが特徴です。改修工事、外壁塗装工事などの下塗りに用いられる塗り替えにおいての、影の力持ちの存在です。

5. ジョリパットフレッシュの塗装(中、上塗り)

下塗りが終わるといよいよお選びいただいた上塗り材の塗装となります。今回は新築時と同じ色で塗らせていただきました。この塗材の特徴は細かい砂が塗材に配合されており、それが仕上がりの風合いにつながっているというのが個人的な解釈です。ジョリパット外壁の風合いを残したいのであればこの「ジョリパットフレッシュ」はお勧めできる塗材であります。

オレンジ系の元気がみなぎる色を塗らせていただきました!

ジョリパットフレッシュ 中塗り ジョリパットフレッシュ 上塗り ジョリパットフレッシュ 塗装後 ジョリパットフレッシュ 塗装後

塗り重ねる事2層。塗膜に厚みを持たせる一方で、既存の模様が消えてなくならないように慎重に塗らせていただきました。

 

6. ジョリパット外壁 の塗装 完成

軒天、破風板、樋(竪樋、軒樋)バルコニー防水工事、コロニアル屋根の塗装を経て、ジョリパット外壁の塗装が完成となりました。

ジョリパットフレッシュ 塗装後 ジョリパットフレッシュ 塗装後 ジョリパットフレッシュ 塗装後 ジョリパットフレッシュ 塗装後 ジョリパットフレッシュ 塗装後ジョリパットフレッシュ 塗装後

風合いを残しながら、クラックをどのように処理をするのか?と始まった「クラック直し隊」としての工事でしたが、無事に完成までたどり着くことができました。ジョリパット外壁の塗装で一番難しいのが、今回のテーマでもあった「風合い」の事だと思います。せっかくの左官職人さんがコテで仕上げた模様を、ピカピカツルツルにするのもそれもまたいいのかもしれませんが、ジョリパット仕上げの特性を活かすとしたら純正品である「ジョリパットフレッシュ」で仕上げるのが一番良い選択だと感じます。

また、ジョリパットフレッシュの製品も3種類まで増えまして

ジョリパット外壁 塗装 コテ仕上げの塗りかえは「塗りかえ専門店」佐藤塗装店へお任せください!

【東京23区、川崎市、横浜市の「塗りかえ専門店」】

佐藤塗装店では私たちができる「塗装」を考え、お客様に最高のサービスでお応えできるように、スタッフ一同頑張っております!外壁塗装、内装塗装、屋根塗装、防水工事のことなら株式会社佐藤塗装店へご相談ください。

お問い合わせはこちらからどうぞ