マンションビルの改修工事

 

マンションビルの改修工事

こんにちは!塗りかえ専門店 佐藤塗装店 佐藤です。

神奈川県川崎市中原区にお住まいのマンションビルのオーナー様より、塗り替え工事及び防水工事、その他いろいろなご相談を頂きました。

経年劣化に伴い、いろいろな箇所が色あせていたり、サビの発生が起こっていたり、廊下の床面に水たまりが出来てしまったりと、歳を重ねるといろんな箇所に傷みが出る人間様と同じ・・・?(笑) 建物ですから。

定期的なメンテナンスも踏まえた上で、オーナー様のご要望に添えていろいろなご提案をさせていただきました。

そんなマンションビルの改修工事の様子をご紹介したいと思います。

 

ご相談の内容

・外壁の塗装(全体ブラック、アクセントはレッド)
・屋上の防水
・階段廊下の防水(床の傾斜補修も含む)
・駐車場の鉄柱移動(邪魔でない箇所に移設)
・レンガタイル張り
・玄関ドア ダイノックシート張り

 

以上のご相談内容を元に工事を行っております。内容は詳しくご紹介させていただきます。

 

 

1. 足場工事

 

色の打ち合わせ、近隣様へのご挨拶などを終え工事着手しております。まずは、足場工事から着手しました。

3階建てのマンションビルの足場は約1日掛かりで組み上げ、各工事へとバトンタッチをしました!!

 

 

 

2. 屋上防水工事

 

高圧洗浄洗浄工事後、屋上の防水工事に取り掛かりました。既存ウレタン防水が施してある屋上です。今回は、改修工事でもおなじみであります「通気緩衝工法」通気用のマットを敷いて、既存層との縁を切った後ウレタン防水層を重ねる工法にて取り掛かりました。

経年劣化の為か、ドレン廻りは口が空いている状態です。今回はドレン廻りの強化も含め「改修用ドレン」を設置します。のでこういったトラブルはなくなるはずです。

 

既存防水層の上から自着付き通気シートを張り込みます。自着ですのでテープ付であり、既存層としっかりと密着をさせます。

継ぎ目と端部は専用に処理テープを張って、この上からウレタン防水を流し込みます。

ウレタン防水は中塗り2層 + トップコート1層での仕上げです。

最後にトップコートを塗り、屋上の防水は完成となります。

 

3. 外壁塗装工事

 

今回の外壁塗装工事は、建物がALCの壁面になっております。ALC壁面ですので、当然目地、サッシ廻りのコーキングを強化する必要がありコーキング打替えと、外壁面をオーナー様ご希望であるブラック、そしてアクセントをレッドと、非常にしまった印象のある仕上げを行う事になります。

コーキングの打替えは、目地、サッシ廻りなど上から塗装を行う箇所に関しては「2成分型ウレタン」にて。塗装をしないで露出する箇所へのコーキング材は「2成分型変性シリコン」での打替えです。

窓下の水切りは変性シリコン(グレー)で打替えしました!!

外壁塗装は、関西ペイントのダイナミックトップのブラックをメインに、下塗り材に「ダイナミック防水フィラー」通常のフィラーよりも性能に優れる下塗り材を使用しました。

ココからは塗って、塗って塗りまくれ!!の図になってしまいますが、カッコイイブラックで仕上げました!!

上塗まで行ってこのような感じになりました!!オールブラックにレッドのアクセントがなんとも印象的なイメージです!!

余談ですが、年々「ブラック」で外壁を塗らせていただくケースが増えてきました。引き締まった印象になり、上質なイメージが出る色との認識です。中でも今回使用している「ダイナミックトップ」は樹脂に秘密がありそうな感じでとってもスッキリとした仕上がりになるのが特徴です。

とってもイイ感じ!!

外壁も階段廻りも全部ブラック!!

屋根もブラック!!

こうして外壁塗装も全行程を終えるのでした・・・。

 

 

 

4. 階段廊下の防水工事

 

階段廊下は長尺シートとタキステップ8Wをお選びいただきました。塗床やウレタン防水という選択肢もあるのですが、数年でメンテナンス時期が来てしまう事や、塗料乾燥の為に歩行の制限を設けなければならない点などありますので、張ってすぐに歩行のできる長尺シートやタキステップシートをお薦めしております。

また、長尺シートを張るにあたり、防水性が高まりますので傾斜の不良があると「水たまり」が出来てしまいます。事前にオーナー様から傾斜不良の件をお聞きしていましたので、傾斜不良の是正を行ってからシートを張る手順となりました。

「傾斜を直す」と一言で申し上げるのは簡単でございますが、傾斜を直すにはそれなりの床の厚みを付けなければなりません。

雨水を排水口に誘導するべく、排水溝側を低く、その他を高くモルタルで塗り込みました。また、歩行用の通路を確保するなど、簡単な工事ではないというのが画像からも分かっていただけるかと思います。住人の皆様、ご協力いただきありがとうございました!!

廊下と階段の床面も傾斜の補修を行っております。

床材を張ってしまうと分からない工事なのですが、こういった下地の処理に時間を費やすと、水たまりのできにくく、滑らず安心な階段廊下が出来上がります!!

土間の左官工事を経て、仕上げシートを張りました!!

今回使用したシートは「タキステップ8W」です。昨年新発売をされているシートなのですが、デザインが高級感があり、とても落ち着きのある形状をしております。

廊下廻りの防水性、防滑性も一先ず安心となりました!!

 

⇒マンション階段、廊下の「タキステップ8W」施工

 

↑ タキステップ、長尺シートの施工

 

 

 

5. 鉄骨工事

 

今回の工事では、車庫内にある鉄柱を移動する工事も行っております。

車庫内の真ん中にあって邪魔である鉄柱は、土台を作って端の方へ柱を移設しました。

 

また、廊下にありました目隠しはボード部分の抑え金物が腐食が進んでいて、既存と同等に交換するよりデザインを変更した方がメンテナンス的にも楽になる事から、「ボード」の目隠しから「格子状(横)」に変更しております。

こうして工事も終盤、完成に近づくのでした・・・。

 

 

 

6. その他の工事

 

今回の工事では、玄関扉を「塗る」のではなく、貼る方法であるダイノックシートを貼らせていただきました。

 

 

 

↑ ダイノックシートの施工

 

また、工事の最後には入口付近のブロック塀に「レンガ調」タイルを張る工事を行っております。

↑ ブロック下地処理

↑ タイル下地作り

 

 

 

 

7. 工事を終えて

 

今回のマンションビル改修工事にて、いろんな事を考えこの建物にとっての将来を見据え、次のメンテナンス時期が出来るだけ先になるよう材料や工事内容を選定しました。

大きな工事で期間がかかる工事ですので、お住まいの方々にお気遣いを頂きまして有難うございました。この場をお借りして感謝御礼申し上げます。また、昨年も川崎市中原区のマンションにて、別物件の外壁塗装のご依頼をいただきましたオーナー様にまたのご依頼をいただきました事に大変感謝いたしております。ご用命いただきまして誠の有難うございました。

⇒ 前回の「マンション外壁塗装工事」の事

 

今回ご依頼をいただきましたS様から工事後のご感想です。

「前回も含め塗装を柱としつつ各シート施工、各種の工事をご提案できる御社に依頼し、また価格的にも大変満足しています。ありがとうございました。また、依頼する際にはよろしくお願いいたします。

S様いろいろとお気遣いいただきまして有難うございました!!

 

 

最後になりますが、この度は佐藤塗装店へ工事のご依頼いただきましてありがとうございました。いろいろなお気遣い頂きました事、職人一同感謝御礼申し上げます!!お化粧直しした外壁面がいつまでもキレイな状態を保っていてくれる事を願っております。この度は佐藤塗装店をご用命いただき誠にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします!!

 

今回のようにいろんなご要望をカタチにするのが私たちのお仕事です!!外壁塗装の事、集合住宅外壁塗装の事、ジョリパット外壁塗装の事 。タキステップや長尺シートの事、屋根塗装、屋根の葺き替えの事、防水工事の事、室内の塗装、鉄部塗装の事、屋根の塗り替えについて、メンテナンスサイクルの延ばし方などいろいろな工事など、どうぞお気軽にご相談ください!!

川崎市、横浜市、東京都の「塗りかえ専門店」佐藤塗装店の外壁塗装、ジョリパット塗り替え、サイディングの塗装、屋根塗装、室内塗装、防水工事の施工

職人にしか出来ない「技」をお客様の「喜び」に変えるのは、現場で汗する私たちにしかできない事です!!建物を綺麗にした喜び、お客様の笑顔、その全てが私たち職人としての使命だと思います!!

東京都川崎市横浜市の塗りかえ専門店 外壁塗装防水工事

【東京23区、川崎市、横浜市の「塗りかえ専門店」】

佐藤塗装店では私たちができる「塗装」を考え、お客様に最高のサービスでお応えできるように、スタッフ一同頑張っております!外壁塗装、内装塗装、屋根塗装、防水工事のことなら株式会社佐藤塗装店へご相談ください。

お問い合わせはこちらからどうぞ

川崎市、横浜市、東京都の「塗りかえ専門店」佐藤塗装店の外壁塗装、ジョリパット塗り替え、サイディングの塗装、屋根塗装、室内塗装、防水工事の施工 東京都、川崎市、横浜市の塗り替え専門店 外壁塗装の佐藤塗装店 友だち追加

LINEでの塗り替え相談も承っております!!

 

 

 

 

 

1 個のコメント