大谷石擁壁の補修工事とヨウヘキコート塗装

大谷石擁壁の補修工事とヨウヘキコート塗装

こんにちは!塗りかえ専門店 佐藤塗装店 佐藤です。

 

東京都狛江市にお住まいのお客様より、ボロボロと崩れ落ちる大谷石のご相談をいただきました。早速、現地を確認させていただくべくお邪魔をさせていただきました。いつもありがとうございます!!

問題の大谷石とは、ブロックの下に位置する擁壁材として用いられている石材です。そんな大谷石の特徴ですが、下記のような性質を持った石材のようです。

大谷石(おおやいし)は軽石凝灰岩で、栃木県宇都宮市北西部の大谷町付近一帯で採掘される石材である。柔らかく加工がしやすいことから、古くから外壁土蔵などの建材として使用されてきた。

大谷石の石塀

大谷石の石塀(拡大)

餃子像(宇都宮駅 旧東口広場)

軽くて軟らかいため加工しやすく、さらに 耐火性に優れている。このため住宅かまど、石防火壁門柱敷石・貼石など)、倉庫、大きな建築物の石垣、斜面の土止め石(擁壁)といった幅広い用途を持つ。耐火性・蓄熱性の高さからパンピザを焼く窯や石釜の構造材としても用いられる。Wikipedia より

加工がしやすい反面、水に弱い石材であり経年劣化が進むと表層剥がれやすくなってしまうようで、これをどういった方法で大谷石の補修を行う??というのが経年劣化をした大谷石のテーマでもあります。

今回のケースでも、ボロボロと剥がれてくる大谷石の劣化箇所を全て斫り(はつり)撤去をした上で、モルタル層を重ねる簡単に申しますと「固めてしまう」施工で工事のご依頼を頂いております。また、別件で陸屋根のFRP防水のトップ塗り替えもご一緒に工事させて頂く事になっております。

いつもありがとうございます!!

 

工事の内容

・大谷石の補修工事(モルタル左官工事)
・保護塗装 ヨウヘキコート(グレー)
・FRP防水のトップ塗り替え

 

 

 

1. 大谷石の補修工事(モルタル左官工事)

 

今回工事を行う対象箇所は一番下の、大谷石の部分になります。正面の門扉付近の大谷石はご主人様自ら補修を行ったそうで、劣化が前々から起こっていたことが伺えます。

いつも行っている大谷石の補修工事ですが、ただモルタルを塗るだけではすぐに剥がれる恐れがありますので、いろんな手間を惜しまず作業をさせて頂いております。

 

 

【はつり、水洗い】

表層がポロポロと剥がれてくる大谷石は、一雨降る度に剥がれた石材が散乱してしまうそうです。

浮いている箇所や、将来剥がれが生じてしまいそうな箇所は、専用工具で表層を剥がしていきます。剥がし終えると、巣穴などに入り込んでしまった、小さな石などを水洗いでキレイに流します。

 

 

【ラス網を張る】

水洗いで石材をよく乾燥させた後、モルタルの接着剤を塗布してラス網を張り込みます。この網の役割は次に塗るモルタルが剥がれ落ちないようにする事です。下穴を開けて専用ビスでラス網を張りつけていきます。

何事もそうですが、見えなくなる下地処理に時間を費やし、長持ちするべく壁面を作り上げます。

 

 

【コーナー定規設置】

今回の工事では、既存大谷石のようなカタチにするべく、専用のコーナー材を設置しました。ただ設置するだけではないこの工事は、きっちりとレベル(水平)を計測して、カッコイイ角が立つように設置をしました!!

ここまでの工程がとっても手間がかかる作業でありますが、仕上りを考えると全く手の抜けない、一つ一つが大事な工程になっております。

 

 

【モルタルを塗る】

いよいよメインでもあるモルタルを塗る工程となります。ここからは、モルタルをカタチを整えながら数回塗り重ねていきます。

 

今回の工事では、水抜き箇所を設けたいとの事で、コア抜きをして水抜き箇所を新設しました。

モルタル層を塗り重ねる事、数回・・・。上塗りの前にはファイバーネットを伏せ込みました。この工程の意味合いは、ずばりひび割れの防止なのですが、モルタルは性質上どうしてもクラックが発生しやすいですので、その予防も兼ねております。

この工程の最後にモルタルの薄塗り仕上げを行って、作業の完了となります。

この時点で前身が大谷石である事はわからない状態でしょうか。

 

 

 

2. モルタルの保護塗装 IPヨウヘキコート擬石調仕上げ

 

モルタル面の保護は、擁壁の湿気にも強い「IPヨウヘキコート」(グレー)にて仕上げを行っております。

【下塗り】 ⇒ 【上塗り】 ⇒ 【擬石調トップ】×2回

いつもこの塗料では、4回塗りで塗らせていただいております。(メーカーでは標準3回塗り)

カチオン系のシーラーを下塗りとして、ベース色のグレーを塗布。その上から擬石調トップを2層塗りしました。

それと、同時に陸屋根のFRP防水トップの塗り替えも行っております。

 

 

各工程を経て工事は完成を迎えます。今回の工事では、大谷石の特徴でもある、ある一定の時期を迎えての劣化が激しくなっていく中で、表層の剥離が多々見られました。

 

しっかりと下地処理を行ってから、モルタル層でカタチを整え、仕上げには保護塗装のヨウヘキコートで仕上げを行っております。

ボロボロと崩れ落ちる大谷石が、キレイなヨウヘキに生まれ変わりました。これには、お客様も大喜びでございました!!ありがとうございました!!

実は、昨日お隣さんのI様宅の大谷石を同様の施工させて頂いたのですが、てっきりご紹介があって今回の工事になったとばかり思っていた私でありますが、たまたまネット検索をしていたら弊社のホームページに行き着いた・・・。

との事で、たまたま偶然にもというお話でございました。

 

ネット検索があってのW様との「ご縁」に感謝いたしております!!

 

↑ 今回施工させて頂いたW様宅擁壁 (奥側)

手前は昨年に施工させていただいたI様宅の擁壁です。

この度は佐藤塗装店をご用命頂き、誠にありがとうございました!!

今回のようにお客様のいろんなご要望をカタチにするのが私たちのお仕事です!!大谷石の補修の事、擁壁に塗れる塗料の事、バルコニーの防水工事の事、メンテナンスサイクルの延ばし方などいろいろな工事など、どうぞお気軽にご相談ください!!

川崎市、横浜市、東京都の「塗りかえ専門店」佐藤塗装店の外壁塗装、ジョリパット塗り替え、サイディングの塗装、屋根塗装、室内塗装、防水工事の施工

職人にしか出来ない「技」をお客様の「喜び」に変えるのは、現場で汗する私たちにしかできない事です!!建物を綺麗にした喜び、お客様の笑顔、その全てが私たち職人としての使命だと思います!!

東京都川崎市横浜市の塗りかえ専門店 外壁塗装防水工事

【東京23区、川崎市、横浜市の「塗りかえ専門店」】

佐藤塗装店では私たちができる「塗装」を考え、お客様に最高のサービスでお応えできるように、スタッフ一同頑張っております!外壁塗装、内装塗装、屋根塗装、防水工事のことなら株式会社佐藤塗装店へご相談ください。

お問い合わせはこちらからどうぞ

川崎市、横浜市、東京都の「塗りかえ専門店」佐藤塗装店の外壁塗装、ジョリパット塗り替え、サイディングの塗装、屋根塗装、室内塗装、防水工事の施工 東京都、川崎市、横浜市の塗り替え専門店 外壁塗装の佐藤塗装店