擁壁の補修工事 大谷石の補修

擁壁の補修工事

こんにちは!塗りかえ専門店 佐藤塗装店 佐藤です。

ここ最近擁壁についてのご相談をよく頂きます。その擁壁というのは「大谷石」(おおやいし)について劣化が進んできてしまい、どうにかしたい旨のご相談内容でございます。

擁壁の補修工事

今回ご相談を頂いたお客様の擁壁も「大谷石」でした・・・。

 

そもそも大谷石を詳しく調べてみると・・・。

大谷石(おおやいし)は軽石凝灰岩で、栃木県宇都宮市北西部の大谷町付近一帯で採掘される石材である。柔らかく加工がしやすいことから、古くから外壁土蔵などの建材として使用されてきた。

大谷石の石塀

大谷石 の石塀(拡大)

餃子像(宇都宮駅 旧東口広場)

軽くて軟らかいため加工しやすく、さらに 耐火性に優れている。このため住宅かまど、石防火壁門柱敷石・貼石など)、倉庫、大きな建築物の石垣、斜面の土止め石(擁壁)といった幅広い用途を持つ。耐火性・蓄熱性の高さからパンピザを焼く窯や石釜の構造材としても用いられる。Wikipedia より

住宅などでは、フェンスや擁壁などにも多く見られるこの石材ですが経年 劣化 に伴い、どうにかしたいという需要は少なくともございます。

今回はそんな経年劣化をした大谷石の擁壁を、左官補修工事をしましたので作業手順とともにご紹介したいと思います。

↑ 大谷石の補修工事の作業風景です。

 

1. 工事の手順

 

今回工事で行うのは、ボロボロと剥がれ落ちる大谷石の擁壁をハツって、洗って、固めてポン!!!って簡単に出来たらよいのですが(笑)。

まず、剥がれ落ちる表層をガリガリとハツリ、水洗いを行った後、ラス網を張りモルタル層を重ねていきます。形を整える為にコーナー定規などで成形をして、クラック防止のファイバーを敷き詰め、再びモルタルを重ね塗りします。一連の流れはこんな感じです。

そのモルタルを保護塗装して工事は完成となります。このような未来予想図の作業内容です。ここまでは、当ブロブでもよくご紹介させていただいた内容と変わらずです。今回の工事では、お客様のご要望にありました石を積んだような仕上りを目指し作業に取り掛かっております。

擁壁の補修工事↑サンプルを作成しました!!

実際の作業風景を工事内容を説明すると共に、ご紹介させていただきます。

 

・ヨウヘキコート擬石調仕上げと大谷石の補修工事

・ボロボロと剥がれる石材の補修工事

 

2. 擁壁の補修工事(左官工事)

 

擁壁の補修工事

工事はまず表層の劣化層を斫る(はつる)事から始めます。斫る意味合いは、ボロボロと落ちる表層の上にモルタルを重ねてもすぐに剥がれてしまうからです。

擁壁の補修工事 擁壁の補修工事

結構な勢いで表層が剥がれ落ちていきます。この時点でガラ袋3~4袋・・・。(汗)

擁壁の補修工事 擁壁の補修工事

モルタルとの密着を高める為の接着材塗布。塗装で言うところのプライマーやシーラーの役割です。

擁壁の補修工事

ラス網の張りつけ。この時点で大谷石の下地が悪い箇所は「付け送り」をしてモルタルで補修を行っております。この状態でようやくモルタルを塗る体制が整います。

 

擁壁の補修工事擁壁の補修工事

角をカッコよくする為にコーナー定規を設置しております。また、今回は目地を設けますのでこの時点で目地棒を埋め込んであります。(あとで取る)

擁壁の補修工事

目地を設置しながらモルタル層の塗り重ねです。

擁壁の補修工事

今回の形がなんとなく見えてきました。この後、モルタルを塗り重ねると共に、設置している目地棒は撤去致します。

擁壁の補修工事擁壁の補修工事

クラック防止のファイバーネットも伏せ込みいよいよ仕上げの工程へ・・・。

擁壁の補修工事 擁壁の補修工事

目地棒も撤去をして、薄塗り仕上げの前に再度接着剤を塗布します。

擁壁の補修工事

一連の数々の工程を経て左官工事は完了となります。

 

擁壁の補修工事 擁壁の補修工事

ここまで出来上がると元々が「大谷石」である事が分からなくなります!一定の乾燥日時を置き、仕上げの塗装を行う事になります。

 

 

3. 仕上げの塗装

 

擁壁の補修工事

擁壁である壁面を仕上げるのに重要なのが塗料の選定です。何で重要かと申しますと、擁壁はそれなりの湿気を伴います。通常の塗料がNGであるのは、そういった湿気の影響をもらってしまい「膨れる」「剥がれる」といったトラブルが発生してしまうからです。

このような条件の中でお勧めをしていますのは、「IPヨウヘキコート」です。ものすごく分かりやすい塗料名で・・・(笑)しかしながらその性能は素晴らしい塗膜を造ってくれます。

今回の工事では、「IPヨウヘキコート 擬石調」仕上げのグレーを選定していただきました。

工程は、下塗り⇒中塗り⇒上塗り2層の 計4回塗りです。

 

擁壁の補修工事

専用のシーラーを塗布、乾燥後です。

擁壁の補修工事 擁壁の補修工事 擁壁の補修工事

ベースとなるグレーを砂骨ローラー(極細)で塗布します。このヨウヘキコートには単色仕上げもございまして、今回で言うと中塗り工程を2層塗布して仕上りになります。イメージ的にも上記の写真のような仕上りです。

今回はその上から擬石調トップで仕上げます。

擁壁の補修工事

トップコートも2層塗りです。細かい石が模様となって浮き出てきます。

擁壁の補修工事

 

2層塗りを行い、養生撤去、清掃を行い工事の完了となります。このような仕上りになりました!!

 

擁壁の補修工事

ボロボロと表層の劣化にお悩みの大谷石も、擁壁の補修工事を行う事でキレイな擁壁に生まれ変わりました。そして今回はお客様のご要望にございました、石を積んだような形という仕上げで施工をさせていただきました。モルタルも下地処理をしっかり行ってから塗り重ね、その保護としてヨウヘキコートで仕上げる事で、より長持ちする表層へとなりました・・・。

 

擁壁の補修工事

擁壁の補修工事、大谷石の劣化にお困りでしたらお気軽にご相談ください。いろんな補修方法、色んな仕上げをご提供させていただきます!!

今回のようにいろんなご要望をカタチにするのが私たちのお仕事です!!擁壁の補修工事の事、大谷石擁壁の事、外壁塗装の事、集合住宅外壁塗装の事、ジョリパット外壁塗装の事 。タキステップや長尺シートの事、屋根塗装、屋根の葺き替えの事、防水工事の事、室内の塗装、鉄部塗装の事、屋根の塗り替えについて、メンテナンスサイクルの延ばし方などいろいろな工事など、どうぞお気軽にご相談ください!!

川崎市、横浜市、東京都の「塗りかえ専門店」佐藤塗装店の外壁塗装、ジョリパット塗り替え、サイディングの塗装、屋根塗装、室内塗装、防水工事の施工

職人にしか出来ない「技」をお客様の「喜び」に変えるのは、現場で汗する私たちにしかできない事です!!建物を綺麗にした喜び、お客様の笑顔、その全てが私たち職人としての使命だと思います!!

東京都川崎市横浜市の塗りかえ専門店 外壁塗装防水工事

【東京23区、川崎市、横浜市の「塗りかえ専門店」】

佐藤塗装店では私たちができる「塗装」を考え、お客様に最高のサービスでお応えできるように、スタッフ一同頑張っております!外壁塗装、内装塗装、屋根塗装、防水工事のことなら株式会社佐藤塗装店へご相談ください。

お問い合わせはこちらからどうぞ

川崎市、横浜市、東京都の「塗りかえ専門店」佐藤塗装店の外壁塗装、ジョリパット塗り替え、サイディングの塗装、屋根塗装、室内塗装、防水工事の施工 東京都、川崎市、横浜市の塗り替え専門店 外壁塗装の佐藤塗装店 友だち追加

LINEでの塗り替え相談も承っております!!