外壁塗装と屋上の防水工事 ダイナミックMUKIで仕上げました!

外壁塗装と屋上の防水工事 ダイナミックMUKIで仕上げました!

こんにちは。塗りかえ専門店 佐藤塗装店 佐藤です!!

神奈川県横浜市神奈川区にお住まいのお客様より、3階建て住宅外壁塗装のご相談を頂きました。ご相談の内容は、いくつかございましたが簡潔に申し上げますと「汚れ」「屋上が心配」という2本立てでございます。

早速、営業のスーパーカーを走らせ(ただの軽自動車なんですが・・笑)現地を拝見させていただきました!

ブ~ン!!ブ~ン!!ってね。

建物は鉄骨造の3階建て住宅で、その外壁面はALCパネルで覆われている外壁面になります。前回の塗りかえは10年以上前に行ったそうで、その外壁塗装時には断熱塗料「GAINA」ガイナが採用されていました。

気になる「汚れ」というのは、北側面に藻の汚れが多く付着をしています。また、屋上はこの建物の収まりとしては珍しい「FRP防水」が施されておりました。

さて、このような状態をどのような仕上がりにするか??

次のメンテナンス時期をいつに見据えて工事予定を立てるのか??オーナー様といろんなご相談の元、工事の方向性を探っていきました!!

 

1. 既存の状態

 

恐らく前回の塗りかえ工事時には、「アレ??これ??やっていないじゃないの??・・・。」という項目が2点ほど。

まず1点目が、ALCパネル、サッシ廻りのコーキングの打替えです。この外壁面の特徴はパネルとパネルの間をコーキングというゴム状の防水材で埋められています。経年劣化と共にこの箇所のゴムの働きが悪くなり、雨水の侵入させてしまう事例が後を絶ちません。

⇒このALCパネルの塗りかえには、防水性を高める為、壁面、サッシ廻りのコーキング打替えをする事をお勧めいたします。

 

もう1点は、配管パイプを止めている「金物の劣化」です。この箇所は基本ビス止めがしてあり、実はこの箇所からも雨漏りはするケースがございます。

↓ 止水処理がされていませんので、雨漏りを誘発する恐れあり

この建物が建っているこの場所は非常に高台にございまして、横浜ベイエリア、ランドマークが一望できる大変風が強い地区だそうです。その強い風も原因の一つなのかもしれません。配管を支えている金物のほとんどが「ビスのゆるみ」が生じている状態でございまして、これらをどうにかする工事が必要であるとの判断です。

⇒足場を建てる大きな工事ですので、その時にしかできない工事もお勧めいたします。(今後の無駄な支出を抑える為にも・・・)

あくまでもこの工事をほっておいて15年後どうなるか??って事を考え、優先順位をつけアレコレお話させていただきました!!

 

2. 工事の内容

 

今回の工事にあたり、お客様のご要望である

・「建物が長期にわたり健全な状態を保つ工事」

「メンテナンスサイクルをできるだけ長持ちさせる工事」

でいくつかのご提案、ご提示をさせて頂きました。

 

 a. 屋上防水面

屋上の防水面は、FRP防水です。前回施工した記録を参考にこの建物にとって一番負担が少なく、耐久性もあり長持ちするべく防水をご提示しました。

この場合の「建物にとって一番負担が少なく」というのは、例えば既存防水層を全撤去をして・・・。のような大掛かりな工事で、それでいてお天気のリスクも高い工事方法ではなく、撤去をしないうえで何ができる・・??から考え、既存の防水層の上から、新たなFRP防水層を被せる「FRP防水 1PRY工法」で作業内容の確認を進めました。

 

 

 b. 外壁塗装

既存の外壁面は「断熱塗料 GAINA」です。断熱や遮熱、結露対策、防音などいろいろと付加価値の付いた塗料でありますが、艶消しの若干ザラザラした仕上げという事もあり、通常塗料よりも汚れやすい一面がございます。

今回はそう言った「汚れ」にも強く、耐久性のある塗材と、15年先を見据えるのであれば、壁面廻り、サッシ廻りのコーキング打替えは必須である旨のご説明をさせていただきました。

外壁は関西ペイントでとても評判の良い「ダイナミックシリーズ」の中でも最上級クラスであるフッ素樹脂と無機塗材の良いとこどり「ダイナミックMUKI」と2成分型ノンブリードウレタンコーキング材での打替え。その他、鉄部、ウレタン防水、基礎部分の保護塗装キソハバキコートなどなど・・・。

 

配管金物の接続不良である箇所も、半数以上であった為、配管金物の交換工事も内容に踏まえ、工事の準備に取り掛からせて頂きました。

【その他 無機塗料の施工例】

⇒ マンション外壁塗装 ダイナミックMUKIで仕上げました!!

⇒ パーフェクトセラミックトップG サイディングの塗装

⇒ マンション外壁塗装の 無機塗料仕上げ

⇒ 屋根の葺き替えと外壁塗装 無機塗料で仕上げました!!

 

工事の内容

・外壁塗装 ダイナミックMUKI 2色塗分け
・目地、サッシ 2成分形コーキング打替え
・各部シリコン樹脂塗装 及びウレタン防水など
・配管バンドの交換
・屋上FRP防水 1PRY工法重ね防水

 

さてさて、どんな工事になりますでしょうか・・・??

3. 外壁塗装工事 ダイナミックMUKI仕上げ

 

いつものように足場工事を終え、各工程通りの作業がはじまりました!!

 

 a. コーキング打替え工事

「コーキングの打替え」・・・。

防水の観点からすると、上にどんな素晴らしい耐久性を持った塗料を塗るよりも大事な工程になります。

この工程では、発生していた隙間を埋める事は元より、今後その隙間が発生しにくくする目的もございます。雨水の侵入を止めるのは、塗料からできる「塗膜」ではないのです。この「コーキング材」が雨漏り防止のすべて任されているといっても過言ではございません。

 

じっくり、丁寧な作業でコーキング作業にあたりました。

 

 b. 外壁塗装工事

コーキング工事を終え、洗浄工事を終えたら外壁塗装の準備が整った事を意味します!!

 

工事の工程は、

アレスダイナミック防水フィラー ×1回塗り

ダイナミックMUKI(中塗り) ×1回塗り

ダイナミックMUKI(上塗り) ×1回塗り

計3回塗りが基本的な仕上げとなります。(職人気質なので仕上りに気に入らない箇所があれば躊躇なく4回塗りするのは、ここだけの内緒でございます)

↓ 下塗り

ココでの微弾性フィラーとは、「アレス防水フィラー」の事でございます。言い換えますと「ただモノではない下塗り材」というべきでしょうか・・・。

↓ 中塗り
ダイナミックMUKIには、専用の「中塗り材」がございます。仕上げと同色で、後に仕上げる上塗りが最大限の力を発揮するべく中塗りが存在するそうです。こちらも丁寧に塗り重ねました!!

↓ 上塗り
ダイナミックMUKIの上塗りです。塗っていて強固な膜が出来上がるのがローラーごしにヒシヒシと伝わってくるような・・・。とってもいい塗膜が出来上がります!!仕上げは艶ありです。なんといってもピッカピカ!!!

2色での塗り分け仕上げになりました!!

↓配管バンド交換
配管バンドの交換作業は、外壁塗装前に取り付け位置を変更して穴あき箇所を全コーキングしました!!また、バンドはサビに強い「ステンレス製」に全交換しました!!

塗装工事の全行程を終え、このような色合いになりました!!

 

 

4. 屋上FRP防水

 

屋上のFRP防水は、上から同仕様のFRP防水を被せる「1PRY工法」で仕上げました。

少し横道逸れますが、防水というのは塗装と同じく様々な仕上げがあり、どれも一長一短ある中でどれがこの建物にふさわしく、どの工事が一番負担が少なく済むか・・。また、耐久性が優れるかを考えました。

よく既存の防水層を「撤去しないのですか??」とご質問されるのですが、一番キレイな納まりになるのが間違いなく全撤去です。

内装のリフォーム工事に例えると、室内を全撤去してスケルトン状態にしてから新たな部屋を創り出すのと一緒で、撤去をすればそれなりの撤去費用が発生します。それと同時に、防水層を全撤去すると仮防水をしなくてななりません。実は、防水工事でココの部分が一番のリスクポイントであります。今の改修工事の流行りは、できるだけ余計なゴミは出さない工事方法を問われます。なので、被せる工事が主流になってきたとも言えます。

 

本題に戻り、FPR 1PRY工事は、

下地処理(研磨、アセトン処理) ⇒下塗り ⇒ガラスマット敷き詰め ⇒中塗り ×2層 ⇒上塗り

の順で仕上げていきます。ちなみに1PRYの「1」の意味合いですが、ガラスマットの層を1層敷きますよ!!の意味合いであり、2層敷く「2PRY」工法もございます。

*新築時は2PRY工法が基準です。

 

↓ 施工前

 

↓ 下地処理

↓ ガラスマット敷き詰め
グレーのトップコートを全面塗りFRP防水工事は完成へと至ります。

 

5. 工事の完成

 

今回の工事では、カラーシュミレーション(1アングル4パターンの中から)で完成の未来予想図を4種類作成しながら、色の配置などをアレコレ決めました!!あまり多くの色を配置してしまうと、ガチャガチャして見える仕上がりになる事から、2色での仕上げに絞り込みお決めいただきました。

ダイナミックMUKIで仕上げた艶感のある仕上げと、2色に塗り分けをした色合いが、とても雰囲気良く仕上がる事になりました!!

お声がけをして頂いてから、リビングにある写真の風景を見ながら「こんな感じがいいのよね~」が色合いを探る始まりでした・・・。

アレコレ仕様を探ってみたり、色のカラーシュミレーションを見て、実際の塗り板サンプルをいろんな組み合わせで試してみたり・・・。完成を想像するいろんな事をしてみました。

短い期間ではありましたが、その全てが私にとっては日々お勉強をさせて頂いたり、またどのような方向性でもってうまくキレイにまとまるのかな??なんて考えるのも、また職人冥利に尽きるところでございます。

足場を解体して完成したお客様の「すごいきれいになった!!イイ感じね!!」私たちのゴール地点はここなんだ!!と改めて思う次第でございます!!

この度は佐藤塗装店へ工事のご依頼を頂き、誠にありがとうございました!!Nさまとのご縁に深く感謝をし、また今後ともよろしくお願いいたします!!とこの場をお借りし、感謝御礼申し上げます。

 

今回のようにいろんなご要望をカタチにするのが私たちのお仕事です!!どうぞお気軽にご相談ください!!

川崎市、横浜市、東京都の「塗りかえ専門店」佐藤塗装店の外壁塗装、ジョリパット塗り替え、サイディングの塗装、屋根塗装、室内塗装、防水工事の施工

職人にしか出来ない「技」をお客様の「喜び」に変えるのは、現場で汗する私たちにしかできない事です!!建物を綺麗にした喜び、お客様の笑顔、その全てが私たち職人としての使命だと思います!!

東京都川崎市横浜市の塗りかえ専門店 外壁塗装防水工事

【東京23区、川崎市、横浜市の「塗りかえ専門店」】

佐藤塗装店では私たちができる「塗装」を考え、お客様に最高のサービスでお応えできるように、スタッフ一同頑張っております!外壁塗装、内装塗装、屋根塗装、防水工事のことなら株式会社佐藤塗装店へご相談ください。

お問い合わせはこちらからどうぞ

川崎市、横浜市、東京都の「塗りかえ専門店」佐藤塗装店の外壁塗装、ジョリパット塗り替え、サイディングの塗装、屋根塗装、室内塗装、防水工事の施工 東京都、川崎市、横浜市の塗り替え専門店 外壁塗装の佐藤塗装店