屋上防水 工事 通気緩衝QV工法|川崎市中原区

屋上防水 工事 通気緩衝QV工法|川崎市中原区

こんにちは。塗りかえ専門店 佐藤塗装店 佐藤です。

この度、川崎市中原区でマンション経営をされているオーナー様より、マンション 屋上防水 工事のご相談を頂きました。その内容と言いますと、今までに 屋上防水 工事 は行ったことがあり、防水の保護層はしっかりとしているのですが、所々防水が切れている箇所がありそれらの修繕も含め全面的に屋上防水工事を行う事になりました。

既存の防水層はウレタン防水であり、密着工法で施工されているものと判明しました。一番お手軽に防水層を作れる半面、クラックや下地の状態をダイレクトに受けてしまうのが「密着工法」です。

今回の工事では、既存下地との「縁」を切ってあげる事のできる「通気緩衝工法」で施工させていただきました。簡単に言うと、既存の上から専用のシートを被せ、その上から防水層を作っていく工法になります。

 

工事の内容

・サラセーヌ通気緩衝QV工法
・改修用ドレン設置
・その他

 

 

 

1. 下塗り 層間プライマー塗布

 

下地清掃後、専用の下塗り「層間プライマー」を塗布しました。防水のおけるプライマーの役割は塗装と全く同じで、下地との密着をよくする為、吸い込みを一定にする為などプライマーの役割はとっても重要との認識でございます。

下塗りをよく乾燥させて、次の工程に進みました!

 

2. 通気緩衝シート張り

 

今回、使用しました材料は「AGCポリマー建材 サラセーヌ」です。専用の通気緩衝シートも出ていてそれらを使用して防水工事にあたりました。今回はサラセーヌ 通気緩衝QV工法での施工となります。

↓ ジョイント部 処理

 

↓ 端部は専用の処理テープを張り込みます

シートを張り終えてこの状態となります。テープ処理した箇所は目止め材でしごきます。

 

今回の工事では、改修用のドレンを設置しました。年数が経っているドレン廻りを強化する施工です。横引きと縦引きの改修用ドレンを設置いたしました。

一連の作業工程にて防水層を流し込む準備が完了となります。あとは、ひたすら防水層を形成する工事にバトンタッチです!

 

3. ウレタン防水工事

 

ウレタン防水工事は、中塗り層で厚みを持たせ上塗りで層の保護をする工程となります。中塗り×2層。上塗り1層で仕上げました。

中塗りを2層塗りこみ、防水工事はいよいよ最終工程へ。

 

防水層の保護をするトップコートを塗布して工事の完成です。

この工法の良い点は、冒頭にもお伝えしましたが下地のクラックとか、下地との「縁」が切れる点です。専用のシートを張りましたので、クラックが発生する事はまずないでしょう。また、ウレタン防水の特徴でもある一体感がある点も見た目にも美しい仕上がりとなっております。

これからまた雨の多い時期もやってきます。雨漏りを起こしてからでは実は遅いのです。定期的に点検、手直しをすることがとっても重要!!お気になる点がございましたら、お気軽にご相談ください。いろんな防水方法がございますので・・・。

・FRP防水 耐用年数の延ばし方

川崎市、横浜市、東京都の「塗りかえ専門店」佐藤塗装店の外壁塗装、ジョリパット塗り替え、サイディングの塗装、屋根塗装、室内塗装、防水工事の施工

職人にしか出来ない「技」をお客様の「喜び」に変えるのは、現場で汗する私たちにしかできない事です!!建物を綺麗にした喜び、お客様の笑顔、その全てが私たち職人としての使命だと思います!!

東京都川崎市横浜市の塗りかえ専門店 外壁塗装防水工事

【東京23区、川崎市、横浜市の「塗りかえ専門店」】

佐藤塗装店では私たちができる「塗装」を考え、お客様に最高のサービスでお応えできるように、スタッフ一同頑張っております!外壁塗装、内装塗装、屋根塗装、防水工事のことなら株式会社佐藤塗装店へご相談ください。

お問い合わせはこちらからどうぞ

川崎市、横浜市、東京都の「塗りかえ専門店」佐藤塗装店の外壁塗装、ジョリパット塗り替え、サイディングの塗装、屋根塗装、室内塗装、防水工事の施工