アパート外壁 屋根の塗装 タイル調2色塗装:川崎市多摩区

アパート外壁 屋根の塗装 タイル調2色塗装:川崎市多摩区

もうそろそろ アパート外壁 と屋根の塗り替え時期なんだよね~。と、アパート経営のオーナー様からお電話でご相談お問い合わせを頂き、早速川崎市多摩区に所在するアパートを現地調査に伺いました。アパートは4世帯のファミリータイプアパートで、外壁はサイディングのタイル柄、屋根はコロニアル屋根でございます。今まで特に雨漏りもなく、屋根のトラブルもなかったようです。塗りかえのご提案はいつも通り数種類をご提出させていただきました。

アパート外壁 塗装前

まず、 アパート外壁 屋根塗装  で大事なのは今後「何年スパンでメンテナンス」をしていくのか??ということです。短いスパンで色の塗りかえを楽しむのであれば、高価な耐久性の高い仕上げは必要ありませんし、メンテナンスのサイクルを長くしたいのであれば、ちょっとでも耐久性の高いもので塗りかえをする必要性があります。いろんな事をアパート経営のオーナー様とお話しをして、定期的な塗り替えは10年~12年くらいでお考えのようでしたので アパートの外壁塗装 の見積プランから適切なものをチョイスして、工事に取り掛かる事になりました。

・ サイディング塗装 2色仕上げって?どんな仕上げ??

・ サイディングのクリアー仕上げ え?透明で仕上げるの??

・ サイディング塗装 工事「塗りかえ」を考える理由??

 

  アパート外壁 屋根の塗装 サイディング改修工事:川崎市

 

工事の内容

・外壁サイディング塗装(タイル調の2色仕上げ)
日本ペイント:パーフェクトトップ

・その他部位(軒天、樋、破風板など)

・コロニアル屋根塗装
日本ペイント:ファイン4Fベスト(フッ素樹脂)

 

1. 高圧洗浄工事

まずは建物屋根、壁面の洗浄工事を行います。12年目ということで、コロニアル屋根には藻が繁殖している状態です。壁面に関しましては経年分の汚れ、ほこりなどが付着している様子です。割れや欠け、コーキング廻りも非常にしっかりしていて、健全な塗り替え工事ができるという印象でした。

コロニアル屋根 洗浄前 コロニアル屋根 洗浄中

↑ 屋根の洗浄では、藻の飛散防止の為にネット養生をしてある内側にブルーシートで2重に養生をします。また、お近くに停車しているお車にも車両専用のビニールカバーを取り付けての作業です。

外壁 洗浄中

「そんなに汚れていなさそうだな~」と取り掛かった洗浄工事ですが、しっかりと12年分の汚れを蓄積してくれていました。(笑) ←そう甘くはないってことですね。しっかりと汚れを落とし次の工程へと工事を進めていきます。手の届かない箇所、窓廻り、網戸なども入念に洗浄しています。

 

2.  アパートの外壁塗装  サイディングの2色仕上げ

サイディングの壁面は凸凹としたタイル調の壁面です。オーナー様には1色で塗りつぶすのは簡単でシンプルなのですが、今の模様のようなタイル柄はいかがでしょうか?とご提案させていただきました。手間とひまをかければいいものができるって全くその通りで、今までの工事事例をお見せして2色でカッコよく塗るという施工方法で塗装工事が始まります。頑張りますよ~!!

使用する塗材は、日本ペイント パーフェクトトップです。パーフェクトサーフ(下塗り)を1回塗りして、中塗りと上塗りにパーフェクトトップを2回塗ります。この時点で本来は仕上がりなのですが、もうひと手間加え、短い毛のローラーで表層をもう一度塗るとタイル柄の仕上がりとなります。計4回塗りでの施工です。

 

↓ サイディング専用の下塗り材「パーフェクトサーフ」を使用しました。

外壁サイディング 下塗り 外壁サイディング 下塗り 外壁サイディング 下塗り

マス目に沿って慎重に塗りこみます。既存の状態は良いので著しい吸い込みとかはありませんでした。また、サイディング材の割れ、欠けも確認しましたが特に問題はありませんでした。この工程を終えよく乾かして中塗り、上塗り工程へ進みます。

外壁サイディング 中塗り 外壁サイディング 中塗り

目地の色で中塗り(本来ならこれで仕上がり)を2回塗りしました。単色の仕上げですとこのようなシンプルな仕上がりになります。今回はここから隠し味になるもうひと手間を作業していきます。手間とひまをプラスします!

 

↓ 上塗り中(4層目)外壁サイディング 2色仕上げ

外壁サイディング 2色仕上げ 外壁サイディング 2色仕上げ

上塗り(4回塗り目)には短毛ローラー、毛足の短いものをセットしてタイル調に仕上げます。はみ出した箇所などはハケでなく筆で地道に直しました。一連の工程でタイル調サイディング塗装の完成となります。目地の部分は3回塗り。表面のタイル柄は4回塗りという仕上げです。また、今回は艶を極力抑えた5分艶を使用しています。どうかな?タイルっぽく見えるかな??

 

3. コロニアル屋根の塗装

コロニアル屋根は、耐久性を必要とする重要な部位です。私たちも屋根の塗装にはとても気を配るのですが、今回上塗りで塗る塗料は 「日本ペイント ファイン4Fベスト(フッ素樹脂)」です。屋根の塗りかえ塗材でも最上位の耐久性を持ち合わせる塗材で、その性能をいかんなく発揮してもらいたく、屋根はいつも4回塗りを基本としております。

下塗りプライマー2層 + 上塗り2層 =計 4層 (4回塗り)

このような仕上げです。

コロニアル屋根 塗装前

屋根の状態は12年経過していることもあり、コケ、藻が繁殖している状態です。屋根塗りの基本ですが、洗浄をして表面をきれいにしてから塗装の準備を行います。参考までですが屋根の、経年劣化状況、コケ状態がわかるこちらご覧ください。 ⇒⇒⇒ お宅の屋根は何歳ですか??

コロニアル屋根 塗装中 コロニアル屋根 塗装後

洗浄後はこのようにスッキリとした状態。よく乾かしてから塗装の工程に入ります。

ちなみに余談ですが、コロニアル屋根の塗りかえにおいて、屋根材自体が劣化をしているケースに行き着くことが最近多くなりました。アスベスト規制が始まり、ノンアスベスト屋根材の不具合(強度不足等)を多く見かけます。分かりやすく言うと、屋根材の強度を保っていた「アスベスト」という発癌性物質が使用禁止になり、そのおかげで屋根強度を保つ代わりのものが無くなってしまったという事です。私たちは塗装店なので塗装専門ですが、屋根の業者さんのご紹介なども行っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

さて、洗浄工事を終えよく乾燥をさせた後、下塗りを2回塗りました。吸い込みが激しかったことと、上塗り塗料の性能を100%引き出すための事です。

縁切り部材 タスペーサー

プライマーを2層塗った後、「タスペーサー」という縁切り部材を差し込みます。塗装をして雨漏りがするという事案を無くす為のものですが、塗った塗膜の厚みで屋根材同士がくっつかなくする予防のようなものです。詳しくはこちらをご覧ください。 ⇒⇒⇒タスペーサーを使用した屋根塗装

タスペーサーを差し込んだ後は、中塗り、上塗りを行って工事は完成を迎えます。今回は最上級ランクに位置をするフッ素樹脂のファイン4Fベスト(ブラック)を使用しました。

コロニアル屋根 中塗り コロニアル屋根 上塗り

4.  アパートの外壁塗装  仕上げた感想

 

コロニアル屋根 塗装後 外壁サイディング 2色塗装 外壁サイディング 2色塗装

築12年目の アパートの外壁塗装 となった今回。色褪せが進んでいたり、屋根の藻が繁殖していたり、いいタイミングでの外壁塗装メンテナンスになったのではないかと思っております。サイディング壁面は単色仕上げではない2色でタイル調に仕上げました!手間はかかりますが、その手間に見合う仕上がりになるのは職人としてとても嬉しい事です。藻のびっしりと繁殖していたコロニアル屋根も、ファイン4F(フッ素樹脂)ブラックで仕上げスッキリとしました!!

実際お客様に完成を見ていただき、「うわーキレイになったね~~!!新築みたいで嬉しいな~~!!」そう言っていただくことが、私たち現場で働く職人のほこりなのです。この度は佐藤塗装店にご縁を頂き アパートの外壁塗装 工事のご依頼いただきまして誠にありがとうございました!

↓ 工事時の事を動画にしてみました!!

【東京23区、川崎市、横浜市の「塗りかえ専門店」】

佐藤塗装店では私たちができる「塗装」を考え、お客様に最高のサービスでお応えできるように、スタッフ一同頑張っております!外壁塗装、内装塗装、屋根塗装、防水工事のことなら株式会社佐藤塗装店へご相談ください。

お問い合わせはこちらからどうぞ