塀 フェンスのおしゃれなリフォーム工事 

塀 フェンスのおしゃれなリフォーム工事

塀 フェンスのおしゃれなリフォーム工事と ジョリパット レイヤーストーン

こんにちは。塗りかえ専門店 佐藤塗装店 佐藤です!

東京都世田谷区にお住まいのお客様より、ご自宅の外壁屋根塗り替え塗り替え工事のご相談を頂きました。築年数はまだ7年ほどなのですが、明るい ジョリパット 外壁面であるが故のお悩みである「雨染み」「経年」などの汚れが気になるので塗り替えをご検討との事でした。

塀フェンスのリフォーム工事 ジョリパット 「レイヤーストーン」と三協アルミ「アリッサム」

木造住宅でモルタル外壁にジョリパットの「ゆず肌」と「連波」が施してある外壁面になります。このような外壁の塗りかえには、風合いを保つ「ジョリパットフレッシュ」「デコラフレッシュ」などをお勧めするのですが、明るい色合いにいしたいのと汚れの付きづらい塗料をご希望との事で、外壁の塗り替えを関西ペイント「シルクウォール」(つや消しシリコン樹脂)と、カラーベストの屋根を同じく関西ペイントの「ダイナミックルーフ」で海外のある街並みをイメージとした塗り替え工事のご依頼をいただきました。

その外壁塗装の作業詳細などは後日追記させていただく事として、今回は上記のご要望の他に 塀 とフェンスをカッコよく仕上げたいご要望を頂いております。

塀の種類は皆様もご存じの通り「 ブロック塀 」でございます。既存の状態としてその ブロック塀 に色を塗ってあるマス目が非常に生かされた??状態でございます(笑)フェンスはよく目にするアルミ製の格子状のフェンスです。

塀フェンスのリフォーム工事 ジョリパット「レイヤーストーン」と三協アルミ「アリッサム」

今回は、既存屋上の鋳物フェンスにも似合い、塗り替えのテーマでもある海外の街並みにもマッチングさせるべく色々なご提案をさせていただき、いくつかの塗り板サンプルを取り寄せて決まったのが、ジョリパットの「レイヤーストーン」仕上げで 塀 の塗り替えを行い、フェンスを撤去した後、鋳物フェンスである三協アルミ「アリッサム」で取り付けを行う事になりました。

 

1. 鋳物フェンスの取り付け(アリッサム)

 

工事は、外壁塗装と屋根塗り替えを行い、足場解体後よりスタートしております。

↓ 屋根もピカピカ「ダイナミックルーフ」で仕上げました!! 塀 フェンスのリフォーム工事 ジョリパット「レイヤーストーン」と三協アルミ「アリッサム」

 

三協アルミ「アリッサム」と取り付けですが、施工要領書通りの位置に取り付けの穴を開けました!!

 

↓ コア抜き 塀 フェンスのリフォーム工事 ジョリパット「レイヤーストーン」と三協アルミ「アリッサム」

 塀 フェンスのリフォーム工事 ジョリパット「レイヤーストーン」と三協アルミ「アリッサム」  塀 フェンスのリフォーム工事 ジョリパット「レイヤーストーン」と三協アルミ「アリッサム」

アリッサムは曲線が美しいカタチをしていて、1m物で出来ていて、取り付けの箇所によっては端数が出る箇所(8.5mとか14.2mとか・・)などもあるかと思います。その場合フェンスをカットするのか、何らかの調整が必要になるのですが、これは偶然なのか?納める塀が12mピッタリという奇跡が起こってしまい・・・。キレイな収まりになる事が確証されていた事は施工者にとってホットする事でありました。また鋳物のフェンスであるアリッサムは見た目が重厚であるにも関わらず、その重さは驚くほどに軽量でありいろんな工夫がなされているんだなぁ~と感じる次第でございます。

ジョリパット仕上げの前にフェンスを取り付けて、すでに感じ良く質感があるのは、さすが鋳物のフェンスと感じました!!

 

2. 下地処理(カチオンセメント塗り)

 

 塀 フェンスのリフォーム工事 ジョリパット「レイヤーストーン」と三協アルミ「アリッサム」

今回の工事では、ブロック塀のマス目を消しつつ新たな模様を付ける工事になります。

 

 塀 フェンスのリフォーム工事 ジョリパット「レイヤーストーン」と三協アルミ「アリッサム」  塀 フェンスのリフォーム工事 ジョリパット「レイヤーストーン」と三協アルミ「アリッサム」

カチオンセメントでしごく事2度塗り。実に仕上げを行うまで6回(6回塗り)お付き合いをしないと仕上げにならないという手間を込めるお仕事です(汗)。本来、ブロック塀のマス目を消すのには1回塗りでも消えるのです。しかし、後にセメントがやせてきたり、経年でマス目が主張する事もあろう事から、しっかりと下地の2度塗りを行なってから仕上げの準備としました!!仕上げてしまうと隠れてしまう下地がとっても重要ってこと。

 塀 フェンスのリフォーム工事 ジョリパット「レイヤーストーン」と三協アルミ「アリッサム」

もちろんこの段階でのブロック塀感はなくなります。よく乾燥をさせた後ジョリパットの「レイヤーストーン」での仕上げを行います!!

 

 

3. ジョリパット「レイヤーストーン」仕上げ

 

ジョリパット塗材は、風合いとその意匠性を仕上げで存分に発揮する塗材です。小手模様であったり、吹き付けで仕上げてみたり、さまざまな模様を演出できるのがジョリパットの特徴であります。今回仕上げる模様は、「レイヤーストーン」と呼ばれる模様で専用ローラーを使用します。

↓ こんな模様が「レイヤーストーン」です 塀 フェンスのリフォーム工事 ジョリパット「レイヤーストーン」と三協アルミ「アリッサム」

↓ こんなローラーを使用します!(ちょっとゴツいね) 塀 フェンスのリフォーム工事 ジョリパット「レイヤーストーン」と三協アルミ「アリッサム」

 

余談ですがローラーを変えると下記のようなパターンも出来ます。「ファンタジーブリック」という模様です。

・ジョリパットの再塗装 ファンタジーブリック仕上げ

 

 

さて、本題工事に移りまして、まずは下塗りから。専用の下塗り材を塗布します。この工程は次に重ねる塗料との密着を高める役割と下地の吸い込みを均一にする役割です。

先ほども申し上げましたが、この仕上げに至るまで実に6回の工程を経て完成となります。各工程を書くと・・・。

カチオンセメント⇒ カチオンセメント⇒ 下塗り⇒ ジョリパット(中塗り)⇒ ジョリパット(上塗り)⇒ 模様付け(ローラー転写)

 

下塗り後、ジョリパット中塗り(フラット)で塗り、いよいよ仕上げの工程となります。

そうです。

いよいよあのローラーの出番となるのです。「ハ~イ!!専用ローラー入りま~す!!」ってね。

↓ 模様を転写中

上記のように専用ローラーを使用して塀を仕上げました!!ジョリパットのカラーナンバーはT-3024 上品なクリーム色で鋳物フェンスと、清潔感あるホワイトの外壁との相性もバッチリです!!

元ブロック塀が素敵な塀に生まれ変わりました!!(祝!!)

外壁塗装:関西ペイント「シルクウォール」 N-93(つや消し)

屋根塗装:関西ペイント「ダイナミックルーフ」 ガーネットオレンジ

フェンス:三協アルミ「アリッサム」

塀:ジョリパット「レイーヤーストーン」 T3024

 

7年目にあたる外壁塗装、屋根塗り替えと共に 塀 フェンスも新しくリフォームしました!!ご要望にありました屋上のようなフェンスの取り付けと、ブロック感を消して意匠性のある新たな模様を付けるジョリパットのローラー仕上げで、イメージがガラッと変わりました!!イメージ通りの塗りかえ工事になってかな・・・?作業しやすい環境といつも差し入れを頂きMさまありがとうございました!!M様との「ご縁」に感謝いたします!!

 

今回のように新しくジョリパットの模様を付けなおして、アクセントにするとか、ワンポイント入れるとかお手軽にできます。例えば、

・ここにアクセントを入れたい・・・。とか

・ひび割れが目立つので骨材入りの重厚な仕上げにしたい・・・。とか

・そもそもこの模様が嫌いなんだけど・・・。とか

・この模様飽きたよね~・・・。とか

 

いろんなご要望をカタチにするのが私たちのお仕事です!!どうぞお気軽にご相談ください!!

川崎市、横浜市、東京都の「塗りかえ専門店」佐藤塗装店の外壁塗装、ジョリパット塗り替え、サイディングの塗装、屋根塗装、室内塗装、防水工事の施工

職人にしか出来ない「技」をお客様の「喜び」に変えるのは、現場で汗する私たちにしかできない事です!!建物を綺麗にした喜び、お客様の笑顔、その全てが私たち職人としての使命だと思います!!

東京都川崎市横浜市の塗りかえ専門店 外壁塗装防水工事

【東京23区、川崎市、横浜市の「塗りかえ専門店」】

佐藤塗装店では私たちができる「塗装」を考え、お客様に最高のサービスでお応えできるように、スタッフ一同頑張っております!外壁塗装、内装塗装、屋根塗装、防水工事のことなら株式会社佐藤塗装店へご相談ください。

お問い合わせはこちらからどうぞ

川崎市、横浜市、東京都の「塗りかえ専門店」佐藤塗装店の外壁塗装、ジョリパット塗り替え、サイディングの塗装、屋根塗装、室内塗装、防水工事の施工 東京都、川崎市、横浜市の塗り替え専門店 外壁塗装の佐藤塗装店