ウッドデッキ 塗装 メンテナンスの塗り替え

ウッドデッキ 塗装 メンテナンスの塗り替え

こんにちは。塗りかえ専門店 佐藤塗装店 佐藤です!

 

今回は、ウッドデッキ 塗装の塗り替え相談を頂きました。よくあるウッドデッキのご相談としては、色が褪せてきたり、コケ、藻が繁殖をして汚らしかったり、経年劣化で色褪せと共に黒っぽくなってしまったりと。以外に木製品をキレイに保つというのは、難しく、それなりに定期的にお手入れを!!というのもウッドデッキや木製品と特徴でもあります。

既存の状態は、デッキ材のやせ、割れ、釘のゆるみのある状態です。このままほっておいても当然ながら改善する余地はございません。

既存の状態は、デッキ材のやせ、割れ、釘のゆるみのある状態です。このままほっておいても当然ながら改善する余地はございません。今回はウッドデッキが長もちするべく、お手入れをさせて頂きました。

 

1. ウッドデッキ 塗装・・・どんな塗料でどうする??

 

ウッドデッキ材には、様々な特徴があり塗らなくても良いウッドデッキ材もあるそうです。今回は保護剤のウッドデッキ塗装になりますので、考えられる方法として、洗浄をして漂白をして現状の色を塗る。または、漂白次第ではありますが今よりも明るい色合いで塗る。洗浄をすると以上の2択が考えられます。

洗浄をしないで・・・。の場合、現状よりも濃い色で塗る。今回の場合でいうと、濃いめの茶か、黒が該当します。

今回は、既存と同じ色で塗るのが基本でしたので、洗浄、部分漂白、木材保護塗料での塗装で作業を行う事になりました。

 

 

2. 洗浄、漂白

 

作業は、高圧洗浄から行いました。下地の木材を傷めないように水圧を下げ作業にあたります。高圧洗浄を行い、表面の汚れがだいぶ付着しているのがわかりました。また、浸透している木材の保護剤もほとんどが抜け落ちているのも確認いたしました。

洗浄後、部分的に漂白、研磨をして塗装の準備を行いました。

 

 

3. ウッドデッキ 塗装 木材保護塗料の塗り替え

 

ウッドデッキ塗装、木材の保護塗装は有名なところでいうとキシラデコールとか、ワトコオイルとか、ノンロット、シッケンズ、オスモあたりでしょうか。

今回は既存の色合いと似ている色がある「キシラデコール オリーブ」を使用して木材の保護塗装を行いました。

下塗り、上塗りと作業を分けて行うのですが、さすが経年劣化をしているウッドデッキの木材。油を欲しているのか、尋常じゃない吸い込みでありました(笑)根気よく下塗りでがっつりと吸い込ませて、上塗りを行いました。

木材のキレイに保つ事は、結構大変な事です。まめなお手入れ、点検、保護剤を吸わせてあげる事。これが木材、ウッドデッキを長持ちさせる秘訣です。

特に雨ざらしにしているウッドデッキ材などは、経年劣化で腐食をするケースなどもございます。

定期的なお手入れを!!外壁などと一緒ですね。点検とお手入れを上手に取り入れ木材を長持ちさせましょう!!

・ウッドデッキ塗装 木部の保護塗装って・・・??

 

 

川崎市、横浜市、東京都の「塗りかえ専門店」佐藤塗装店の外壁塗装、ジョリパット塗り替え、サイディングの塗装、屋根塗装、室内塗装、防水工事の施工 職人にしか出来ない「技」をお客様の「喜び」に変えるのは、現場で汗する私たちにしかできない事です!!建物を綺麗にした喜び、お客様の笑顔、その全てが私たち職人としての使命だと思います!!

東京都川崎市横浜市の塗りかえ専門店 外壁塗装防水工事

【東京23区、川崎市、横浜市の「塗りかえ専門店」】

佐藤塗装店では私たちができる「塗装」を考え、お客様に最高のサービスでお応えできるように、スタッフ一同頑張っております!外壁塗装、内装塗装、屋根塗装、防水工事のことなら株式会社佐藤塗装店へご相談ください。

お問い合わせはこちらからどうぞ

川崎市、横浜市、東京都の「塗りかえ専門店」佐藤塗装店の外壁塗装、ジョリパット塗り替え、サイディングの塗装、屋根塗装、室内塗装、防水工事の施工