タキステップ 5W マンション階段廊下の施工

タキステップ 5W マンション階段廊下の施工

こんにちは。塗りかえ専門店 佐藤塗装店 佐藤です。

東京都三鷹市でマンションを経営されているオーナー様から、マンション階段、廊下の改修工事のご相談を頂きました。マンションで階段、廊下で真っ先に浮かぶのが「長尺シート」や階段の「 タキステップ」などですが、住人の方へより安全な階段であってほしいとのご要望もあり、(住人の方が滑って転んだらしいのです)今回の工事に着手をする事になりました。

既存の状態は、床面がコンクリートむき出しのままの状態。細かなクラック等は発生しているものの、歩行に支障はありません。状態を察するに、防水という観点からすると雨水で湿った雨水はコンクリートの層に沁みわたっていきますので、良いか、悪いかでいうところの「あまり好ましくない」に確答するわけでありまして、そういったことも踏まえマンション階段、廊下の改修工事が始まります!!

 

 

工事の内容

・既存ノンスリップ金物撤去

・ウレタン防水

・タキステップ 5Wの施工

・廊下タキストロンQA(長尺シート)施工

 

 

1.下地処理

 

どんな工事でも準備が大切!!今回の工事では、既存のノンスリップ金物を撤去するところから始まり、床面のケレン、清掃をして床材の張れる準備に取り掛かりました。

ステップに付着した接着剤もキレイに取り除き、次の工程であるウレタン防水に工程を進めます。

 

 

2. ウレタン防水

 

ココでのウレタン防水とは、ドブ(溝)と呼ばれる側溝や、巾木などをウレタンの防水で施工をします。長尺シート、タキステップと相まって防水性を高めるのが目的でありますが、接着剤を塗布した時の密着性も抜群に良くなるのは、現場の人しか知らない事なのです。わざと多めにはみ出して塗るのは、そういった意味合いもあります。

側溝、ササラ板、巾木などウレタン防水を施す部分を下塗りしました。よく乾燥を促し、ウレタン防水の施工へと移ります。

トップコートを塗り終え、ウレタン防水の工程が完了。

 

 

3. タキステップ 5W  タキストロンQAシートの施工

 

巾木、側溝、ササラ板のウレタン防水が完了をすると、いよいよ「張る」という工程に進みます。塗膜で仕上げる防塵床塗装などに比べると、歩行の制限がそれほどなくできるのがこの施工の良い点です。簡単に申し上げると、張ってすぐに歩行が可能なのです。

接着剤を規定量塗り、オープンタイムでちょっとだけ放置。その後間髪入れずにシートを張っていきます。

 

廊下部分の床面も、半分づつ接着剤を塗っては圧着。終わるともう半分を接着剤を塗っては圧着。職人ならではの手際の良さでどんどん張り進めます。

全部張り終えると、継ぎ目を溶接作業。端部はタキシールで雨水の進入を防ぎます。

一連の工事を終えて、マンション階段廊下のタキステップ工事が完了となります。

滑りにくさと、耐久性、防音性、防水性も言う事なし。また見た目の素晴らしさにはいつも工事が完了をする度に、「すごい!!キレイ!!」と思わされる床材です。

・雨が降ると滑って危ない階段

・音がうるさくて困る階段

・防水性が心配、または必要な階段など

さまざまなケースにお勧めできます!!

 

 

↓ ↓ ↓ その他の施工事例はこちら

・ 住宅階段のタキステップ6W(RA)施工

・ タイル下地の階段にタキステップ5Wを施工

・ マンション廊下の長尺シート張り替え

 

川崎市、横浜市、東京都の「塗りかえ専門店」佐藤塗装店の外壁塗装、ジョリパット塗り替え、サイディングの塗装、屋根塗装、室内塗装、防水工事の施工

職人にしか出来ない「技」をお客様の「喜び」に変えるのは、現場で汗する私たちにしかできない事です!!建物を綺麗にした喜び、お客様の笑顔、その全てが私たち職人としての使命だと思います!!

東京都川崎市横浜市の塗りかえ専門店 外壁塗装防水工事

【東京23区、川崎市、横浜市の「塗りかえ専門店」】

佐藤塗装店では私たちができる「塗装」を考え、お客様に最高のサービスでお応えできるように、スタッフ一同頑張っております!外壁塗装、内装塗装、屋根塗装、防水工事のことなら株式会社佐藤塗装店へご相談ください。

お問い合わせはこちらからどうぞ

川崎市、横浜市、東京都の「塗りかえ専門店」佐藤塗装店の外壁塗装、ジョリパット塗り替え、サイディングの塗装、屋根塗装、室内塗装、防水工事の施工