タキステップ5W の施工  階段廻りの錆に困ったら・・|横浜市港北区

こんにちは。川崎市で営業しております  タキステップ5W の施工を得意としている佐藤塗装店 佐藤です。

横浜市港北区にお住まいの6階建てマンションオーナー様より、あるご相談をいただきました。相談の内容というのは「新築時より9年が経過している階段ですが、お住まいになってからすぐにサビ汚れが出始めてしまった」という事でした。そ、そうなんですか??

状態確認と良いご提案をするべく、現地調査に伺いました。そこで見たものとは・・・

タキステップ5W 施工前の階段

既存の状態は、階段上端の両サイド(約50mm)を残し、真ん中にポツンと床シートが張られていました。このタイプのシートで多いお悩みではありますが、原因としては滑り止めである金物(ノンスリップ金物)を取り付けるのにビスで固定をします。そのビス穴から雨水が入り込んでしまいサビの発生につながった次第です。

今回のようにサビが多く発生してしまうケースでは、同じような床材は使用できません。(同じ結果を招きますので)この場合、ほとんどのケースで金具を使用せず、ビス穴も開けない接着剤で施工する「タキステップ」という床材をお勧めしています。

階段の塗装と タキステップ5W 施工工事

 

工事の内容

・階段手摺の塗装工事(6階建て)
・既存床材撤去工事
・タキステップ 5W施工工事

・廊下、踊り場シート張り工事

 

1. 床材撤去 ノンスリップ金物撤去

廊下階段床材撤去     ノンスリップ撤去 錆が湧き出す階段 タキステップ5W施工前の階段

このようにステップを取り外すと、中に隠れているサビが顔を出しました。念のため確認しましたが、全てのステップにサビがあり特に雨の多く吹き付ける箇所、または人の多く通る箇所はものすごいサビでありました。

2. 階段、手すりの塗装工事

階段には、サビに強い(2液形エポキシ樹脂サビ止め)関西ペイント「エスコ」を使用しました。こうすることでサビの抑制につながるかと思われます。手すり、階段部分を塗装して床工事にバトンタッチをします。

 

3. タキステップ5W の施工工事

お見積りの時点で、既存と同じように両サイドを開けて張る方法と、全幅で張る2種類のお見積りをご提案させて頂きました。工事前まで、どちらにするかお悩みだったようですが、全幅で張った方が見栄えもいいし、カッコいいですよ!!と、私からの助言の元全幅で張るタキステップ工事が始まります。

タキステップ5W 工事完了

このタキステップ5Wは立ち上がり部分まで張る床材です。また、滑り止め金物を使用しない一体構造の為、ビス穴は開きませんし、見た目にも美しい仕上がりとなっています。既存幅とは違う全幅で張ったことで、見栄えもして、高級感のある床材施工となりました。

もしも階段ステップからのさび汚れや、床材の交換工事でお悩みでしたら、「タキステップ」をご検討するのも如何でしょうか。私たち佐藤塗装店のおすすめです!!

・ タキステップ6W(RA)で施工させて頂きました!

・ タキステップ3Sでの施工 騒音対策にバッチリ!!

 

 

川崎市、横浜市、東京都の「塗りかえ専門店」佐藤塗装店の外壁塗装、ジョリパット塗り替え、サイディングの塗装、屋根塗装、室内塗装、防水工事の施工 職人にしか出来ない「技」をお客様の「喜び」に変えるのは、現場で汗する私たちにしかできない事です!!建物を綺麗にした喜び、お客様の笑顔、その全てが私たち職人としての使命だと思います!!

東京都川崎市横浜市の塗りかえ専門店 外壁塗装防水工事

【東京23区、川崎市、横浜市の「塗りかえ専門店」】

佐藤塗装店では私たちができる「塗装」を考え、お客様に最高のサービスでお応えできるように、スタッフ一同頑張っております!外壁塗装、内装塗装、屋根塗装、防水工事のことなら株式会社佐藤塗装店へご相談ください。

お問い合わせはこちらからどうぞ

川崎市、横浜市、東京都の「塗りかえ専門店」佐藤塗装店の外壁塗装、ジョリパット塗り替え、サイディングの塗装、屋根塗装、室内塗装、防水工事の施工 東京都、川崎市、横浜市の塗り替え専門店 外壁塗装の佐藤塗装店

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です